https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-SEP_355215221321-thumb-1000xauto-17902

現行ユーザーを強く意識したMicrosoft社のWINDOWS10の魅力

WINDOWS10の進化のポイント
2015年7月に全世界でインストール可能になったのがWINDOWS10で、

パソコンのOS市場の過半数を占めるMicrosoft社の最新作です。
WINDOWS10はWINDOWS8.1の後継OSになり、WINDOWS8.1でユーザーの間で

改善要求が出たスタートメニューが復活したことから

既存のユーザーからの注目も集めています。
WINDOWS10の主な新しい機能としては、セキュリティ面で問題のあった

Internet Explorerが廃止されてMicrosoft Edgeが標準ブラウザとして登場したほか、

OS自体パソコン以外にもインストールできるマルチデバイス対応になりました。
WINDOWS10へのアップグレードはよく考えてから
WINDOWS10に自分も使いたい時、2016年夏までは

WINDOWS10を無料で自分のパソコンにインストールできます。
しかし、自分のパソコンをアップグレードするにあたり

メリット、デメリットがあります。
メリットは、買い換えなくても新OSを導入できてサポート期間がない

WINDOWS10に乗り換えれることです。
しかしデメリットは、WINDOWS10にアップグレードしたら

元のOSには簡単にダウングレードができないこと、

それにより自分の使いたいソフトが動作するかは保証外だということです。
パソコン初心者には、WINDOWS10への現行パソコンのアップグレードは難しいかもしれません。

スポンサードリンク



OS一強時代からAppleの追い上げに焦るMicrosoft社の最終OS
WINDOWS10は、Microsoft社にとって最新作であり最終作です。
なぜかというと今後、WINDOWS10は新OSを大々的に発表するよりも、

現在のAppleのOSXのようにOSやプリインストールされた

パソコンを購入することで継続的にアップグレードをしてくれるビジネスに転換するようです。
そのためこれまで不便だったサポート期間の終了がなくなります。
WINDOWS10は、これまでOS一強時代が続いたMicrosoft社が

現行ユーザーを大切にするために開発されたOSといえるかもしれません。

 

マイクロソフトは、いまや知らない人がいないアメリカに本社を置くソフトウェア開発・販売企業で、

同社のウィンドウズは2016年現在のデスクトップOSシェアで90%以上を占めています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中、エアボーカルという…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation