13

20~30代に増加中!!西洋で、“魔女の一撃”と呼ばれる●●を一発で治す方法とは…

01

02

…ご経験の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そう、これがぎっくり腰になった瞬間のことでした。

 

ぎっくり腰とは?

 

「ふいに身体をひねった」「重いものを持ち上げた」「段差のあるところから飛び降りた」など、

筋肉や関節、神経に急激な負荷がかかり、炎症や捻挫、

筋肉の損傷などを起こして発症する急激な腰痛症状のことです。

そのあまりの痛さに西洋では、“魔女の一撃”と呼ばれたりもしています。

03

では、ぎっくり腰の症状や原因はなんでしょうか。

ぎっくり腰以外にも、腰痛の症状はいくつかあるので、違いを知りましょう。

【原因となる症状の例】

◎ぎっくり腰(急性腰痛/椎間捻挫/筋膜性腰痛症など)

腰の周りの関節や筋肉に負担が生じ、炎症を引き起こして痛みが走ります。

検査をしても大きな原因の見つからない急性的な痛みのある症状のことで、総称としてぎっくり腰と呼ばれています。

腰からお尻にかけて痛みが走ります。

<解決方法>

炎症が治ると改善されます。コルセットを着けて、骨盤を動かさないようにすることで、痛みが軽減されます。

◎腰部椎間板ヘルニア

腰の骨と骨の間にある椎間板が断裂し、背骨にある神経を圧迫する腰痛症です。

腰からお尻にかけての痛み、脚にかけてのしびれや痛みがあります。

レントゲンを撮ることによって、症状を確認することができます。

 

>>加圧スパッツで矯正していく<<

 

<解決方法>

軽度の場合、自然治癒するので痛み止めで乗り越えますが、酷い場合は手術が必要です。

【その他の腰痛症状】

◎腰部椎間板症

椎間板の機能が加齢などによって減少し、慢性的な痛みや、かかんだり体をひねったりすると痛みが走ります。

◎骨折

骨粗相症など、骨が弱くなっていると引き起こされることが多い症状です。

04

身体をひねる動作などは日常的に行いますが、ぎっくり腰はひとつの要因だけでなく、

いくつかの要因が重なりあって引き起こされると考えられています。

【主な原因】

・運動不足による筋肉の固まり/柔軟不足

いつも座りっぱなし、もしくは立ちっぱなしということはありませんか?

同じ姿勢をずっと続けていると他の筋肉を使わず、その状態で筋肉が固まってしまい、炎症のきっかけを与えることに。

・筋肉疲労

筋肉の固まりや適切な量を超えた運動のし過ぎで筋肉が疲弊し、回復が遅れると炎症を起こす原因に繋がります。

・骨格の歪み

身体の柔軟不足や同じ筋肉を使うことによる負担で、骨格に歪みが生じます。骨格の歪みは周りの筋肉への負担となり、筋肉疲労に繋がっていきます。

・睡眠栄養不足

不規則な生活によってきちんとした栄養が身体に回らず、回復を滞らせて筋肉疲労を引き起こす原因となります。

・過体重/痩せすぎ

体重と筋肉のバランスが崩れると血行などが悪化し、筋肉疲労や骨格の歪みに繋がっていきます。

・二足歩行

二足歩行によって背骨と腰部に常に負荷が集中し、腰部周りの関節や筋肉などに負担が強いられています。

・季節の変わり目/体調の変化

気候や気圧の変化で、人の体調は変化します。また女性は月経の時期の身体の変化も要因のひとつと考えられています。

 

思い当たるふしは、ありませんか?




ぎっくり腰は、誰にでも起こりえる、いつ、どんな時に襲ってくるのかわからない「ぎっくり災害」。

そのぎっくり腰災害が引き起こす問題は、どれも日常生活に多大な影響を与えるものなのです。

日常生活で起こる大問題とは。。

◎立てない・歩けない

ぎっくり腰休暇が欲しいほど、立つことも歩くこともままならない状態になります。

椎間板ヘルニアを発症している場合、入院することも。

05

◎トイレが地獄

立つ座るの行動が毎回地獄です。そのため水分を取ることを控えるようになり、

体のだるさや体調が悪くなったりと、悪循環に。。

06

◎筋力の衰え、歪みの悪化

動かないことで気力も衰え、食べて寝ての繰り返し状態に。

動かずにいると筋肉の固まりや体の歪みが悪化し、別の痛みも。

07

◎太る

食べることが唯一の楽しみになり、ストレスから甘いものを欲するように。

消費せず溜め込む一方で、体重増加は最大の危機です。

08

そんな地獄に落ちる前に…

 

>>キレイに痩せながら体型矯正もしていく<<

 

ぎっくり腰にならないための予防法!

◎健康的な日常生活を送る

09

ウォーキングなど、ほどよく運動をしたり柔軟体操をして、筋肉をほぐすことが大切です。

規則正しい生活を送り、筋肉や身体の疲労を溜めないようにしましょう。

◎腹筋・背筋を鍛える

10

全身の筋肉を鍛えるのも大切ですが、特に腰まわりの筋肉を鍛えることで、

天然コルセットとなり骨盤矯正に繋がります。

◎骨格の歪みを矯正する

11

ぎっくり腰の際はコルセットをキツく締めて、骨盤を安定させますが、

日常から骨盤矯正を意識することで、予防に繋がります。

12

加圧後の除圧によって、血行促進や成長ホルモンの分泌増加が期待されます。

成長ホルモンには回復力や免疫力アップ効果もあるとされ、筋肉疲労の改善に繋がります。

 

着脱可能なスパッツの加圧であれば、自然な効果が期待できそうです♪

スパッツを履くだけなら、無理なく鍛えられるので、試してみる価値ありですね!

 

>>スレンディーナマジックの詳細はこちら<<

13

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation