al_internet_explorer_mm_160106_16x9_992

Internet Explorerが開かない!固まるなどの不具合を起こした時の対処法

スポンサードリンク




Windowsは長年Internet Explorerを標準のブラウザとして搭載してきました。
Windows10よりMicrosoftEDGEへと変更されましたが、まだまだWindows10や8を使用しているユーザーは多く、全体的なブラウザシェアでは大きな割合となっています。
そのInternet Explorerですが、長い間使い続けると、さまざまな不具合を起こすことがあります。
インターネットエクスプローラーが不調になった際の対処法と、インターネットエクスプローラーをアップデートする方法についてご紹介します。

 

Internet Explorerを最新のものに更新する

まず、不具合が出ている状況になったら、お使いのInternet Explorerを新しいものにすることをオススメします。
Internet Explorerは定期的にアップデートが行われており、セキュリティや動作などが改善されているため、
古いバージョンのものをそのまま使っているとさまざまな問題の原因となってしまうからです。
Windows VistaやWindowsXPをまだ使っている場合、
更新を忘れているとInternet Explorerのバージョンが8や7のままということも考えられますので、11にアップデートしておきましょう。
特にCSS関係については、7と8は現行のシステムに対応していないため、
ウェブサイトなどの表示がまともにできない可能性もあります。
ただ、WindowsXPのサポートは既に終了していますし、Internet Explorer自体もXPに関しては8までしか対応していないので、

どうしてもXPが使いたいなら別のブラウザをインストールした方が良いでしょう。

スポンサードリンク



Internet Explorerのバージョンで何が変わる?

定期的に更新が行われているインターネットエクスプローラーですが、
10や11のようなバージョンはメジャーアップデートといわれており、大きく性能面が変更されました。
特に大きな違いとなっているのは、11と10で、10はXP環境でも問題なく動作するのですが、
11になると追加機能がWindows 8系の環境意外では使用できません。
ただ、もしWindows 8系のOSをお使いなら、サイトの先読みや回線環境が弱い状態でも
安定した通信を確保できるため、性能的にはより優れたものとなっています。
そのため、Windows 8より古いOSをお使いなら10まで、それ以降のOSを使用しているなら
11が相性の良いInternet Explorerだと言えるでしょう。
しかし、Internet Explorer 10は2016年1月にサポートが切れてしまっているため、
10のままではセキュリティの面で問題が起こる可能性が高いと考えられます。
VistaやXP、7などのOSでは、Internet Explorer11の機能を100%発揮することはできませんが、
それ以外の基本的な部分については問題なく動作しますので、無理にサポート切れのバージョンを使用するなら最新の11に更新したほうが安心です。

 

Internet Explorerをダウンロードしてアップデートする

基本的にInternet ExplorerはWindows Updateを利用することでアップデートされるのですが、
通常のWindows Updateと違い、自動でアップデートは行われないため、手動で更新を行う必要があります。
インターネットエクスプローラーの更新を行う方法は、まずコントロールパネルから
Windows Updateを起動し、利用可能な全ての更新プログラムを表示と書かれたリンクをクリックしてください。
次に、オプションの項目に新しいバージョンのInternet Explorerが表示されますので、
ラジオボタンにチェックしてOKを押し、Windows Updateの画面で更新プログラムの
インストールを選択すれば更新が実行され、新しいバージョンのInternet Explorerがインストールされます。
この時、お気に入りなどはそのまま保持されますので、特に必要な作業はありません。

 

Internet Explorerの調子が悪い時は

最新のバージョンを使用しているにもかかわらず、インターネットエクスプローラーが開かなくなったり、
固まるような場合には、設定をクリアすると治る場合があります。
Internet Explorerの場合、他のブラウザのようにリセット用の操作というものはありませんので、
メニューからここの操作を行わなければいけません。
まず、最初に行うのは、アドオンが無い状態でInternet Explorerを起動してみることです。
もしアドオンが原因で開かない場合には、これで問題なく起動できます。
方法はスタートボタンからプログラム⇒アクセス⇒システムツールと進み、
Internet Explorer(アドオンなし)を選んで起動します。
Windows 8以降ではこの操作ができませんので、タスクバーのウインドウズアイコンを右クリックし、
そこにあるファイル名を指定して実行を起動、
出てきたウインドウに[iexplore -extoff]と入れてOKを押せばアドオン無しで起動できます。
起動できたら、キャッシュをクリアします。

こちらはInternet Explorerのメニューからツール⇒インターネットオプションを選択し、
全般タブにある履歴の削除ボタンをクリックして行います。
この際、お気に入りのサイトデータを保持するのチェックを外すことを忘れないようにしてください。
最後に同じくインターネットオプションから、詳細設定を選択し、右下にあるリセットをクリックします。
これで設定が初期状態へと戻りますので、もし設定やアドオンなどが原因での不具合なら解決するでしょう。
この対処法を行ってもまだ起動しなかったり、フリーズしてしまうような場合には、また別の対処法が必要となります。

 

Internet Explorerを初期化しても不調な時の対処法

基本的にInternet Explorerは安定したソフトウェアですので、
設定などが初期状態に戻れば問題なく動作するようになります。
しかし、その状態でもまだ不安定となると、
他のソフトウェアや回線の不調、OSの不調などを疑わなければいけません。
他のソフトウェアの場合、セキュリティソフトなどが原因となっていることがありますので、
一時的にセキュリティソフトを停止してブラウザの動作を確認してみましょう。
もしそれで問題なく動作するようなら、セキュリティソフトを別のものに変更しましょう。
回線が不安定な場合には、ネット上で行える回線速度調査で回線の状態を計測してください。
もし速度が殆ど出ていなかったり、
通信が途切れ途切れになるような場合はプロバイダに連絡して調査を依頼しましょう。
OSの不具合が原因の場合は、素人には対処が難しい場合が殆どです。
必要なデータをバックアップしてからリカバリーを行うか、Windowsの機能である復元を行う必要があります。
この作業はデータを無くしてしまう可能性もありますし、
初期設定から全てやり直しになってしまいますので、時間に余裕がある時に行ってください。
取り急ぎブラウザが使えればいいなら、別のブラウザをインストールしてしまっても良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. c9ddc4d8e4f474c23ab19b47ba50d922
    スポンサードリンク ネット通販大手の楽天市場では、通販事業以外にも…
  2. img_79e34e3ffab480b85c5c688ba089d4e5716899
    スポンサードリンク ちょっと小腹が空いたときやご飯を簡単に済ませたいというとき…
  3. imasia_15879541_m
    スポンサードリンク 通話、チャットツールとして利用者が多いLINEですが、…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation