3d65f6b6b6b62e3bc0de467425442965

GigaFile(ギガファイル)便の知らないと損する活用法

スポンサードリンク



誰かに容量の大きいデータを送りたいと思ってる人は、
GigaFile(ギガファイル)のことを知らないと損することになります。
そして、このサービスの便利な活用法を知らなければ、さらにもっと損することになります。
そこで今回は、誰かに大容量のデータを送りたいと思ってる人のために、
ギガファイル便の活用法と便利さについて紹介します。

そもそもギガファイル便とは?

ギガファイル便の活用法を紹介する前に、そもそもギガファイル便とは何か?について説明します。
ギガファイル便とは、ネット上にて無料で使うことができるファイル転送サービスのことです。
その特徴は大きく分けて二つあり、一つは無料でサービスが利用できること、
もう一つは容量無制限で利用できることです。

このギガファイル便のファイル転送サービスはとても便利で役に立つサービスです。
ファイル転送サービスと聞けば、メールで十分じゃないかとおっしゃる方もおられます。
確かに、メールでもファイルを受け取ったり送信したりすることができます。
しかし、メールでは相手に転送できない、あるいは時間がかかり過ぎて送れないファイルもあるのです。
それはどういうものかというと、高画質の画像や長時間の動画ファイルなどです。

こういうファイルは容量が膨大になるため、
普通のメールを使って転送しても完全に送れなかったり、転送に時間がかかりすぎてしまったりします。
せっかく見せたい動画や画像を送ったのに、相手が受信できず見れないというのでは意味がありません。
またファイルをなんとか送ることができても、受信が遅いというのでは相手をイライラさせてしまいます。

そこで役立つのが、ギガファイル便になります。
ギガファイル便はすでに述べたとおり、
無料で、なおかつ容量無制限でファイル転送ができるサービスのことです。
このギガファイルを利用すれば、先ほど述べた問題を解決することができます。
その問題とは、容量が大きなファイルはメールで送ることができない、もしくは受信が止まるということでした。
ギガファイルの場合は、どんなに容量が大きくてもスピーディーに送りたい場所に送ることができ、
ファイルを受け取った相手も簡単に素早くダウンロードすることができます。
具体的なダウンロード方法や受け取り方についてはこれから詳しく説明しますが、
ともかくも、メールで転送できない大容量のファイルがあっても、
ギガファイル便を使えばあっという間に滞りなく転送することができるのです。

繰り返し説明しますが、メールでは送れない
大容量データを無料で転送できる便利なツール、それがギガファイルです。
ちなみに、ギガファイルを利用するときはユーザー登録をする必要はありません。
ユーザー登録は不要で、いますぐ利用することができるのがギガファイルのいいところです。
また、容量無制限といいましたが、1ファイルあたりの最大容量は50Gまでとなっています。

ギガファイル便の使い方

それではここからは、ギガファイル便の使い方を紹介しましょう。
まずはネットにアクセスして、ブラウザでGigaFile(ギガファイル)と検索してください。
そうすれば、すぐにギガファイルの公式サイトが出てきますので、そこにアクセスしてください。

スポンサードリンク



公式サイトに入ると、ギガファイル便と書かれたページが開かれます。
その中にアップロードという項目があるので、
そこをクリックして、さらにファイル選択をクリックします。
そうすると送りたいデータがリクエストされるので、
自分が送りたいファイルをPCやiPhoneの中から選択して、それをドラッグ&ドロップで所定の位置まで運びます。
これで送りたいデータのファイル選択は完了です。

ファイル選択が完了したら、次にファイルのアップロードが行われますが、
これには少し時間がかかるのでしばらく待ちます。
自分がアップロードしたデータの名前の下にメーターがありますが、
そのメーターが青色になって完了という文字が出たら、それでアップロードは完了です。
これで、自分が送るファイルを相手に送る準備ができました。
さて、次に行うことは、ギガファイル便から発行されるファイル転送URLのコピーです。

これは、ファイルのアップロードが完了した時点で自動的に画面に表示されますので、それを全選択・コピーしてください。
そしてそのURLを控えたまま、データを送信したい相手にメールを送る作業をします。
といっても、メールにファイルを添付するのではありません。
そうではなく、ギガファイル便から発行されたファイル転送のためのURLを、
自分がデータを送りたい相手のメールに添付するだけです。
これは、テキストの中に記載するだけで構いません。

後は、相手にこちらからデータを転送したことを伝える
メッセージを書いて送信すれば、それで作業は完了です。
メールでURLを受信した相手は、メールに記載されたURLにアクセスすれば、
そこでデータをダウンロードすることができます。
ファイルの保存期間は7日間なので、メールを受け取ってから一週間以内であれば、
いつでもURLにアクセスしてダウンロードできます。
ただし、データを受け取る相手はギガファイルの仕組みを知らない可能性もあるので、
メールを送るときは念のために保存期間のことを伝えてあげてください。

スポンサードリンク



さらに便利なギガファイル便の活用法

ここでは、ギガファイル便をさらに便利に使うための活用法を紹介します。
それはなにかというと、複数の大容量のデータをまとめるをクリックして転送することです。
転送するファイルの選択を行うとき、まとめるをクリックすれば、
送りたいファイルが複数あっても、一度に転送することができます。
方法は、ファイル選択のページを開いたとき、そこにまとめるという文字が表示されるので、
送りたいファイルを選択した後、そこをクリックするだけです。
誰かに送信したいデータがあっても、それを個別に送信するのが面倒くさいと思ったことがあるでしょう。
確かに、データを一つずつ送信するのは煩わしいことです。

しかし、ギガファイル便のまとめるをクリックして転送すれば、
複数の大容量ファイルを一回で転送することができるのです。
これはとても便利なのでぜひご活用ください。
なお、ギガファイル便を使ってデータをファイルごと送る場合は、
あらかじめファイルを圧縮しておきましょう。
圧縮の方法は、フォルダの上で右クリックして送るを選択、
すると圧縮(ZIP)と表示されますので、それを選択するだけです。
こうすればフォルダを圧縮することができ、転送をファイルごと行うことができます。

転送をファイルごと行えば、ファイル選択でデータを一つずつ選択する必要がなくなりますので、
ファイル転送がスピーディーになりとても便利です。
最後に、ギガファイル便を使って転送したデータを
スマートフォンで受け取る場合の方法について紹介します。
ギガファイル便を使って転送されたデータがフォルダを圧縮したデータだった場合、
スマホでそれを見るにはコツが要ります。
といってもそれほど難しいことではありませんが、
フォルダを圧縮したデータをスマホで見る場合は、解凍アプリを使用しなければなりません。

こうすればスマホでも圧縮されたデータを見ることができますが、
解凍アプリを使用しなければデータを見ることができないので、注意しておいてください。
以上、ギガファイルの概要と基本的な使い方、そして便利な活用方法について紹介しました。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation