firestorage_logo

知らないとマズい?業務効率が30%上がるfirestorageの正しい知識・使い方

スポンサードリンク



業務効率をもっと向上させたい!大容量のデータを誰かと共有したい!
そんなときはファイアストレージを利用することをおすすめします。
ファイアストレージとはなんでしょか?どう使ったらいいのでしょうか?
ここでは、それについて説明していきます。

 

ファイアストレージ(firestorage)の概要と基本知識

ファイアストレージはとても便利なオンラインサービスですが、
このサービスのことを何も知らない方もおられるかしれません。
そこでまず始めに、このfirestorageというサービスがどういうものかをご説明します。
ファイアストレージとは簡単に説明すると、オンライン上で一つのデータを複数の人間で共有できるサービスのことです。
こう言ってすぐにピンとくる方もおられますが、ピンとこない方もおられるかもしれません。
したがって、もっと噛み砕いて説明します。

ファイアストレージとは、誰かに見せたいデータがメールで送れない場合、
メールの代わりに見せたい相手に送り届けてくれるサービスのことです。
こう言えばとても分かりやすくなるでしょう。
では、ではなぜメールでデータを送ることができないのでしょうか。
メールでそれができるならもっと簡単になるのではないでしょうか。
これについては、データの容量の話をしなければなりません。
メールでは主にメッセージや文書ファイルのやり取りを行いますが、
こうしたデータは容量がとても少ないので、メールでも簡単に送ることができます。
しかし、容量の大きな画像や動画になると、メールの機能だけでは相手に送ることができないのです。
理由は、メールがもつ機能では大容量のデータを送信することに対応できないからです。
だから、それをファイアストレージが代わりに行うのです。

さて、ファイアストレージの概要についてさらに紹介しますが、
このサービスにはとても嬉しい特徴があります。
それは、パソコンだけでなく、スマホやタブレットからも利用できることです。
よって自分が屋外にいるとき、誰かに大容量のデータを見せたいと思ったら、
iphoneやスマホやタブレットからファイアステージを使ってデータを誰かに見せることができるのです。

これに加えてさらに嬉しい特徴があります。
それは、このサービスが誰でも登録することなく無料で使うことができるということです。
普通はどんなオンラインサービスも登録が必要ですが、ファイアステージを利用するときは登録する必要がありません。
いかがですか?ここまでファイアストレージの概要を紹介してきましたが、概要を聞いただけでこのサービスの良さがよく理解できたのではないでしょうか?
それでは引き続き、ファイアストレージの実際の使い方や役に立つ情報をお届けいたします。

ファイストレージの使い方について

ファイアストレージの良さはよく分かったけど、実際にどう使えばいいの?
こうおっしゃる方もおられるでしょう。
それではこれから、ファイアストレージの使い方を説明します。
まず最初に、ファイアストレージの公式サイトにアクセスしてください。
http://firestorage.jp
URLを知ってる方はアドレスバーに貼り付けてクリックするだけでアクセスできます。
URLを知らない方は、検索サイトからファイアストレージを検索すれば、すぐに見つかります。
ファイストレージの公式サイトにアクセスしたら、次にある選択を行います。
何の選択かというと、ファイアストレージに登録するかしないかです。

実は、ファイアストレージ無料登録して利用することもできるのです。
もちろん登録せずに利用することもできますが、
登録も選択できるので、どちらか自分のよいほうを選んでください。
ちなみに、登録しないとデータがアップロードできないということはないので安心してください。
さて、それが済んだら、いよいよファイアストレージを使ってデータをアップロードすることになります。
まずは、誰かに見せたいデータを選んでおいてください。
パソコンでもスマートフォンでもいいので、
その中にある誰かと共有したいデータを決めておいてください。
それを決めたら、データファイルをアップロードする作業に入ります。
その方法ですが、最初にファイストレージのトップ画面で違法なファイルではないにチェックを入れてください。
次いで、データをオンライン上に保存しておく期間、つまり保存期間を選択してください。
保存期間は7日間や24時間などいろいろありますが、自分が保存しておきたい期間を選択します。

それを決めたら、次にアップロードと書かれたボタンをクリックします。
そうするとファイル選択の画面が開かれ、そこにアップロードできるデータ表示されます。
そしたらその画面の中から自分がアップロードしたいデータを選択して開くを押します。
これでデータのアップロードは完了です。
アップロードア終わると専用URLが表示されますので、後はそのURLを、
データを見せたい相手に送信すれば、データの共有ができるようになります。
ちなみに、画像や動画などのデータは一つのファイルに入れてまとめてアップロードすることができますので、
送りたいデータがたくさんある場合はぜひこの方法を活用してください。

さらに知っておきたいファイアストレージお役立ち情報

最後に、これも知っておくと役に立つファイアストレージの使い方について紹介します。
ここでは、データの削除とアップロードボタンが表示されない場合の対処法を説明します。
まずデータの削除についてですが、ファイストレージではデータの保存期間を指定できるといいましたが、
例外もあるということを覚えておいてください。
それは、ファイアストレージに会員登録せずに利用した場合です。
この場合は、仮に保存期間の選択で指定無しを選択したとしても、
30日が過ぎるとデータは自動的に削除されてしまいます。
したがって、会員登録せずに利用される方は、指定無しをクリックすれば
いつまでもデータが保存されたままになってるなどと思わないようにしてください。

繰り返しますが、会員登録せずに利用した場合、
アップロードしたデータは30日が過ぎると自動的に削除されます。
一方、会員登録した場合はどうかというと、実は会員登録をした場合でも、
30日間ログインしなかったら、保存期間の指定に関係なくやはりデータは削除されてしまいます。
ただし、30日の間のログインしておけば削除されることはないので、
この点は会員登録しない場合と異なっています。
次に、アップロードボタンが表示されないときの対処法について説明します。
ファイアストレージではたまに端末の仕様などによって、
アップロードボタンが表示されないことがあります。
この場合はどうしたらいいのかということになります。

言うまでもなく、アップロードボタンがなければ、データをアップロードすることもできませんし、
もちろんダウンロードすることもできません。
こういう場合どうしたらいいかというと、ファイアストレージのクラシックバージョンをクリックすることです。
ファイアストレージには通常のバージョンとクラシックバージョンがあり、機能性はほとんど同じですが2つに分かれています。
そして、ファイアストレージの通常版でアップデートボタンが表示されないときは、
クラシックバージョンを使うことでアップデートボタンを表示させることができます。
これも万が一の時に役に立つ情報なので、ぜひ覚えておいてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. c9ddc4d8e4f474c23ab19b47ba50d922
    スポンサードリンク ネット通販大手の楽天市場では、通販事業以外にも…
  2. img_79e34e3ffab480b85c5c688ba089d4e5716899
    スポンサードリンク ちょっと小腹が空いたときやご飯を簡単に済ませたいというとき…
  3. imasia_15879541_m
    スポンサードリンク 通話、チャットツールとして利用者が多いLINEですが、…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation