0005

safariってどんなブラウザ?Windowsでも使えるの?

safariはiPhoneやmacなどのiOSをお使いの方ならおなじみのブラウザです。
iPhoneの場合、safari以外のブラウザをインストールすることはできても、
デフォルトブラウザをsafari以外のものに変更することができないため、必然的にiPhoneならsafariを使うことになります。
ただ、一般的なブラウザと違い、safariはiOSに深く関係しているため、設定がやや面倒な部分があります。
safariでお困りの方のために、使い方と細かい設定方法をご紹介します。

スポンサードリンク



safariとはどんなブラウザ?

safariはAppleが開発しているブラウザです。
基本的に現行のウェブサイトなどで使われている技術にはほぼ対応しており、
さらにウェブ上の画像に含まれたカラープロファイルを読み込むことで正確な色で表現できるという特徴を持っています。
iOS向けのブラウザは、90年代はNetscape Navigatorというブラウザが標準で使われていたのですが、
90年代後半にマイクロソフトとの提携が行われた際にInternet Explorerが搭載されるようになりました。

しかし、2003年ごろにAppleとマイクロソフトとの提携が解消されたため、
Internet Explorerが使用できなくなってしまったため、safariが開発されたという歴史があります。
また、一時期はWindows向けのsafariがリリースされていましたが、
現在はアップデートもダウンロードも行われていない状態となっています。
そのため、過去にリリースされたWindows用safariの脆弱性は放置されており、
もし使用を続けている場合はセキュリティの面で危険な状況となっています。

iPhone用safariの使い方

mac用のsafariと違い、iPhone用safariは多少操作方法が違うため、
慣れていないと使いにくく感じるかもしれません。
そこで、基本的な使い方をまとめました。
まず、お気に入りの追加方法ですが、safariを起動した状態で下に現れるバーの中央にある、
資格に矢印が書かれたアイコンをタップします。
そうするとさまざまなアプリなどが表示されたウインドウが出てきますので、
左下にある追加をタップしてください。
そうするとお気に入りを登録する場所を選択する画面が出てきますので、
追加したいフォルダを選び、保存をタップすればOKです。

次に、お気に入りの開き方と閲覧履歴の確認方法です。
先ほどと同じく下のバーを出し、本の形をしたアイコンをタップします。
そうするとブックマークが開きますので、
登録しているサイトにアクセスしたい場合はそこから探してタップしてください。
閲覧履歴を確認したい場合は、ブックマークを開いた中に履歴と書かれたメニューがありますので、
そちらをタップすると履歴が出てきます。
履歴を消去する場合は、履歴を開いた状態で右下にある消去をタップします。
履歴の消去は直近一時間、今日、昨日今日、全ての4種類から
消す履歴を選べますので、目的に合わせて選びましょう。

スポンサードリンク



mac用safariの環境設定方法

mac用のsafariでは、iPhone用に比べて細かな環境設定が行えます。
この設定を行うことでよりsafariが使いやすくなりますので、
macを購入した際にはまず最初に手をつけると良いでしょう。
環境設定の方法は、メニューバーのsafariと書かれている部分をクリックし、その中にある環境設定を選択します。
そうすると設定画面が表示されますので、左から順次設定を行っていきます。

一番左にある[一般]タブは、safariの基本的な動作を設定する場所となっており、
デフォルトブラウザの選択、新しいウインドウを開いた際に表示するページ、ダウンロードしたファイルの保存場所などを指定することができます。
一般的な設定以外にも、ブックマークに関する設定も環境設定で行うことができます。
ウインドウの上部のアイコンから[ブックマーク]を選ぶと、
ブックマークバーやブックマークメニュー、コレクションなどが設定できます。
また、ブックマークの同期設定もこちらで行いますので、ほかのデバイスにインストールしたsafariとブックマークを共有したい方はここで設定してください。
ほかに重要な設定としては[セキュリティ]があります。
こちらではポップアップウインドウの抑制や、Javaなどを有効にするかどうかの設定のほか、
Cookieの受け入れについても設定できます。
[セキュリティ]を開いて該当するメニューのラジオボタンをクリックするだけで設定できますので、
自分の使用環境にあった設定を行っておきましょう。

iPhone用safariを便利にするテクニック

先ほどiPhone用safariでブックマークを追加する際にクリックした場所は、
正確にはアクティビティといわれており、
ブックマークの登録以外にもさまざまなアプリを登録してsafariの機能を拡張することができます。
この拡張機能は、App Storeでダウンロードして使用するため、
あらかじめ目的とするアプリをインストールしておいてください。
アプリをインストールしたらsafariを起動し、アクティビティにあるその他と書かれたアイコンをタップします。
そうすると、safariに追加できるアプリの一覧が現れますので、
目的のアプリを有効にして完了すればOKです。

拡張機能には、ウェブサイトのスクリーンショットを綺麗に取れるものや、
パスワードを管理できるもの、サイトの翻訳ができるものなど、さまざまなものがあります。
特にパスワードの管理ができるアプリは、
スワイプで長いパスワードを入力する手間が省けるのでオススメです。
ただ、iPhoneを落としてしまったりするとパスワードが盗まれてしまう可能性がありますので、
本体側にパスワードをかけ、[iPhoneを探す]アプリを設定し、いざというときにきちんとデータを守れるようにしておきましょう。

safariの小技

iPhone用safariにはさまざまな小技がありますが、その中でも特に便利なものをご紹介します。
まずは閉じたタブを簡単に開きなおす方法です。
safariのタブを閉じて行くと、たまに勢い余って見ていないページまで消してしまうことがあります。
こうなるとまた検索したり、ブックマークから呼び出す手間がかかってしまうのですが、
実はワンタッチで消したタブを戻すことができます。
やり方はタブ選択画面を開き、下にある+を長押しするだけ。

長押しすると最近閉じたタブというメニューが開きますので、
そこからお目当てのページを選ぶと、そのページがまた読み込まれます。
次に、情報収集で便利な小技です。
複数のタブで開いたページから、一括してキーワードを検索する方法で、該当するページを絞り込むことができます。
まず、safariを開いた状態でiPhoneを横にします、
この時自動回転をオンにしておきましょう。
横画面にすると、上部にタブアイコンが表示されますので、タップしてタブ画面を開きます。
あとは左上にある検索と書かれた場所にキーワードを入れると、
そのキーワードが含まれたタブが絞り込まれます。
iPhoneなどのスマートフォンでは、画面が小さいため、
パソコンのようにブラウザで色々な作業をするのがどうしても難しくなってしまいます。
アクティビティを追加したり、小技を覚えておくことで、
パソコンに近いレベルで色々なことができるようになりますので、いざというときのために覚えておくと良いでしょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. c9ddc4d8e4f474c23ab19b47ba50d922
    スポンサードリンク ネット通販大手の楽天市場では、通販事業以外にも…
  2. img_79e34e3ffab480b85c5c688ba089d4e5716899
    スポンサードリンク ちょっと小腹が空いたときやご飯を簡単に済ませたいというとき…
  3. imasia_15879541_m
    スポンサードリンク 通話、チャットツールとして利用者が多いLINEですが、…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation