thumb_400_1_px400

利用は無料なの??データ便の利用するメリット・活用方法について

データ便は誰でも無料で利用できるの?利用するメリットは何?など、
データ便について詳しく知りたいと思ってる方もおられるかもしれません。
そこで今回はこのデータ便に関して、基本情報やメリットについてご紹介します。
役に立つ活用方法についても付記しましたので、ぜひご覧になってください。

 
スポンサードリンク



データ便の基本情報を学ぼう

データ便のことを何も知らないという方もいらっしゃるかもしれません。
そういう方のために、まずはデータ便の基本情報を紹介します。
データ便とは、大容量のファイルを簡単な方法でデータ転送できるサービスです。
例えば、デジカメで取った画像を誰かに見せたいと思うとき、
低画質の写真一枚ぐらいならメールに添付して送ることができます。
しかし、高画質の写真を何十枚も一度に送ろうと思ったら、メールでは送れません。
なぜなら、メールの機能では大容量のデータ転送には対応できないからです。
じゃあそんなときにどうすればいいのか・・そこでデータ便の出番となるわけです。

データ便なら、高画質の写真が何十枚あっても、それを一度に転送することができるのです。
しかもメールのように時間をかけることなく、スムーズかつスピーディーに送ることができます。
これがデータ便の優れたサービスなのです。
一方、データ便はネットのサービスなので、利用が難しいのではないかと考える人もいるかもしれません。
それは自然な発想ですが、データ便の利用はそれほど難しくはありません。
むしろ、誰でも簡単に、今日からでもすぐに始められるサービスです。
実際にやってみると分かりますが、データ便はほんとに便利で優れたファイル転送サービスです。
例えば、データ便の利用については、300MBまでのファイルなら無料で転送することができます。
300MBといったらかなりの容量ですが、この容量までならどなたでも無料で利用できるのです。
でも、会員登録しなきゃいけないんじゃない?と思われる方もおられるかもしれません。

それについてはどうぞ安心なさってください。
データ便は、会員登録しなくても利用することができます。
会員登録しなかった場合は、転送できる容量が基本的に100MBまでですが、
無料フリープランを利用すれば300MBまで転送できます。
一方、本人が希望すれば会員登録することもできます。
会員登録したら、自分が選んだプランに応じ、フリーログインもしくは
ビジネスログインしてサービスを利用することになります。
なお、データ便はパソコンやタブレット意外に、スマホからも利用することができます。
したがって、スマホでネットをする方にもおすすめのサービスです。
以上、データ便の基本情報についてご紹介しました。

 

データ便を利用するメリットを知ろう

データ便のサービスはとても評判がよく、いろんな方におすすめしたいサービスです。
なぜなら、このサービスには数多くのメリットがあるからです。
一つはすでに紹介しましたが、データ便を利用することで大容量のファイルをスムーズに転送できることです。
しかし、メリットはこれだけではありません。
他に、パスワードロックが設定できることも挙げられます。
これは何かというと、利用者が宛先を間違えて転送してしまった場合、
その転送をブロックしてくれるというものです。

せっかちな人は転送サービスで宛先を間違えることもありますが、そういう方でもこの設定があれば安心です。
さらに、提供されているプランの選択肢が多いというのもデータ便の魅力です。
例えば、ライトプランといって登録不要で100MBまで転送できるプランもあれば、
フリープランのように会員登録して300MBまで転送できるプランもあります。
さらに、ビジネスプランを選べば、なんと2ギガまでファイル転送することができるのです。
このように、データ便はプランの選択肢が広いこともメリットです。
ちなみに、ビジネスプランを選べば専用サーバを使用することが可能になります。
ビジネスなどでファイル転送を頻繁に行う場合は、このプランを利用するといいでしょう。

さて、データ便を利用するメリットはこれだけに留まりません。
さらに、データ便クラウドについて知れば、このサービスの奥の深さに驚かされるはずです。
データ便クラウドとは、有料で提供されているサービスで、超大容量のデータ送受信ができるプランのことです。
どのぐらい大容量かというと、ビジネスプランで2ギガといいましたが、それをはるかに上回る大容量です。
でははっきりといいますが、データ便クラウドで転送できるファイル容量は・・なんと50ギガ以上です。
この容量だけで肝を冷やした方もおられると思いますが、
データ便クラウドの素晴らしいところはそれだけではありません。
大容量のデータ送受信ができるうえに、フォルダのメンバー共有ができるのです。
そして広告表示は一切なし・・利用回数は無制限です。
フリープランやライトプラン、ビジネスプランも素晴らしいものでしたが、
その上を行く超優良プランがデータ便クラウドです。
これほど便利でクオリティーの高いサービスを提供しているデータ便は、
やはりメリットの多いネットサービスです。

データ便の基本操作と活用方法

データ便がどんなに優れたサービスでも、使い方が分からなかったら意味がありません。
そこでここでは、データ便の基本操作と活用方法について紹介します。
まず基本操作ですが、データを送信する方法から説明しましょう。
データ便を使って誰かにデータを送りたいときは、最初にデータ便にアクセスしてください。
次に参照ボタンをクリックもしくはドラッグ&ドロップアップして、送信したいファイルを選択します。
こうしてファイル選択エリアにファイルをアップロードしたら、各種設定を行います。

設定とは、データの有効期限を決めたり、パスワードを設定したり、
ダウンロード通知するかしないかを決めることです。
この設定はファイル転送の内容に深く関係する要素なので、よく考えて設定を行いましょう。
各種設定が終わったら、最後に利用規約に同意にチェックを入れて
アップロードボタンをクリックします。
これでファイルアップロードの手続きは完了です。

利用者がアップロードボタンをクリックした直後から、アップロードが行われます。
本人の作業はこれで終わりですが、アップロードが完了するまで時間がかかりますので、その間しばし待ちます。
この待ち時間はアップロードした容量にもよりますが、
容量が大きすぎたり混雑した時間帯での転送であれば、長い時間がかかることもあります。
アップロードが完了したら、ダウンロードURLを取得します。
ダウンロードURLの取得の仕方は設定によって異なっており、
メールで通知を受けるか、もしくはダウンロード取得画面に行って取得します。
こうしてダウンロードURLが取得できたら、
後はメール機能を使ってファイルを送りたい相手にURLを送信するだけです。
これで、データ便を使ったファイル転送は完了です。

最後に、データ便の便利な活用方法について紹介します。
このサービスは登録不要で利用できるため、個人の趣味や交流に活用することができますが、
企業やビジネスにおいても活用することが可能です。
なぜなら、データ便はファイルサイズが特大であってもスムーズに送受信することができるからです。
例えば、ビジネスでやり取りされるファイルの中にはDTPの編集ファイルのような大容量データもありますが、
こうしたものでもデータ便を活用すれば、簡単にスムーズに相手に送り届けることができるのです。
それによって業務効率を上げることができますし、コストダウンを実現して業績をアップさせることも可能です。
このようにデータ便は、企業やビジネスの場で大いに活用することができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation