eyecatch-microsoftedge

Microsoft EDGEは使いにくい?設定方法とフォントを見やすくする方法

スポンサードリンク



Windows10より、標準ブラウザがInternet ExplorerからEDGEへと変更されました。
今までのInternet Explorerとの大きな違いは、シンプルな操作性が上げられます。
そのため、今までInternet Explorerを使用していた方からすると、
設定の方法がわかりにくく、使いにくく感じるでしょう。
しかし、多少設定方法が変わってはいますが、
基本的にInternet ExplorerでできることはMicrosoft EDGEでも対応できるのです。

Microsoft EDGEとはどんなブラウザ?

従来の標準ブラウザだったInternet Explorerは、色々な機能が追加され続けた結果、
現在ではほぼ使われていない機能や、構造的に旧式な処理などが複雑に絡み合い、
修正に時間も手間もかかるものになっていました。
そのため、必要とされる機能と最新の処理を行えるように
0から新しく設計を行って開発されたのがEDGEというブラウザです。
Microsoft EDGEでは、ウェブサイトで使用されることが少なくなったVBSやActiveXなどの機能が削除、
さらにいまだに使用されることが多いSilverlightもサポートされていません。
ただし、これらの機能は拡張機能として追加すること自体は可能ですので、使用すること自体は可能となっています。

 

Microsoft EDGEを設定する

Internet Explorerに慣れていると、Microsoft EDGEの設定はわかりにくく感じます。
しかし、設定への入り方が多少変更された程度ですので、基本さえ知っていれば問題なく設定を行うことが出来ます。
まず、基本的な設定の方法ですが、従来のInternet Explorerとは違い、
右上にあるアイコンからメニューを呼び出して設定を行う方式となっています。
右上にある[…]と書かれたアイコンをクリックすると、さまざまな項目が現れます。
その中に印刷の設定や、ホームの設定、履歴の削除などが行える設定メニューが入っています。
これらの設定方法はInternet Explorerと殆ど変わらないので、直感的に設定できるでしょう。

 
スポンサードリンク



Microsoft EDGEのフォントは変更できる?

Windows10から標準のフォントが変更されたため、
アイコンが見にくかったり、文字が見えにくいという意見が多く見られます。
これは、今まで使用されていたメイリオから游ゴシックへと変更されてしまったことが原因です。
ですから、フォントさえ変更できればある程度視認性を上げることが出来るのですが、
残念ながらMicrosoft公式による対応は行われていません。
そのため、多少手間はかかりますが、フリーソフトを用いて変更を行います。
使用するフリーソフトは「Windows10 フォントが汚いので一発変更!」というもの。

名前は少々キツいですが、簡単にWindows10の游ゴシックを従来のメイリオへとワンクリックで変更することができます。
これ以外では、画面に表示される文字を見やすく調整する方法があります。
こちらはディスプレイの設定から行う方法で、デスクトップで右クリックを行い、
表示されたメニューからディスプレイ設定を選択します。
すると、ディスプレイの設定画面が開きますので、
右下にあるディスプレイ詳細設定のリンクをクリックしてください。
ディスプレイの詳細設定画面が開いたら、下の方にある関連設定の項目に
ClearTypeテキストというリンクがありますので、そこをクリックして開きます。
後は画面の指示に従って自分が見やすいと思う文字を選択していけばある程度見やすい状態へと調整できます。

EDGEで開けないページがある時の対処法

Microsoft EDGEでは、色々な古い機能が削除されているため、
ページによってはきちんと表示できなかったり、開かない場合があります。
そのようなページを閲覧する方法として、Internet Explorerでページを読み込むという方法があります。
EDGEからInternet Explorerへの変更方法は、
動作しないページを開いた状態で[…]をクリックし、
メニューにあるInternet Explorerで開くをクリックするだけです。
クリックするとInternet Explorerが起動し、
EDGEで開いていたページがInternet Explorerに読み込まれます。

 

EDGEが起動しない場合の対処法

EDGEが起動しないというトラブルが発生した場合には、
以下の方法を実行することで復旧できる可能性があります。
EDGEでは、拡張機能などを追加することが出来るため、
追加した機能が原因でEDGEが開けなくなったり、エラーが出てしまうことがあるのですが、
このような場合には、EDGEの設定をリセットして初期状態に戻すのが効果的です。
EDGEの設定をリセットする方法は、スタート画面を右クリックし、コントロールパネルを開きます。
続いて、コントロールパネル内にあるネットワークとインターネットを選択し、
その中にあるインターネットオプションをクリックしてください。
そうするとインターネットのプロパティというウインドウが開くので、
タブの右端にある詳細設定を選択します。

詳細設定画面の右下にリセットと書かれたボタンが配置されていますので、
そのボタンをクリックするとEDGEの設定が全てリセットされ、初期状態になります。
この時、個人設定を削除するという項目にチェックを付けると、パスワードや履歴、
一時ファイル、Cookieなどのデータも削除されるので注意しましょう。
お気に入りについてはリセットでは消えませんので、特に準備をする必要はありません。
リセットが完了したら、Windowsを再起動し、正常に動作するか確認を行います。
もしリセットしてもEDGEが正常に動作しない場合は、システムファイルが破損している可能性がありますので、
スタートアイコンを右クリックした際に出てくるメニューからコマンドプロンプト(管理者)を選択し、
出てきたウインドウに[sfc /scannow]と入力してください。

このコマンドはシステムファイルを全てチェックし、
破損があれば修復してくれるコマンドですので、もしEDGEが壊れてしまっているなら、
このコマンドを実行することで正常に動作するようになる可能性があります。
ただ、このコマンドは実行に時間がかかりますので、
寝る前や出勤前などのパソコンをあまり使わない時間帯に実行するようにしましょう。

 

Microsoft EDGEの標準検索エンジンを変更する方法

Microsoft EDGEでは、標準の検索エンジンがBingに設定されています。
このBingを別の検索エンジンへと変更する方法です。
まず、EDGEで標準の検索エンジンにしたいサイトを開きます。
目的の検索エンジンのトップページを開いたら、[…]をクリックして設定バーを開いてください。
詳細設定を表示という項目がありますので、そこをクリックすると、アドレスバーでの検索時に使う検索プロバイダーという項目があります。
項目内にある新規追加というボタンをクリックすると現在開いている検索エンジンのURLと名前が表示されるので、
そこをクリックして規定に追加を選択すれば規定の検索エンジンをBingから変更することが出来ます。

 

Microsoft EDGEの評価は?

新しいブラウザなので多少設定がわかりにくかったり、操作がわからない場合もありますが、
基本的な動作は軽いので、使い方に慣れてしまえば十分快適に使えるでしょう。
また、Windows10の標準ブラウザのため、定期的に更新が行われるというのもセキュリティを考えると嬉しい部分です。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. 003_main1
    スポンサーリンク ■5%OFF成田空港!賢く免税店でお買いもの深田祐介の小…
  2. slide03
    スポンサーリンク ■交通情報をより快適に!有名な交通情報といえば、日本道路…
  3. kousoku
    スポンサーリンク ■初心者にきつい!ありえへん渋滞の落とし穴。家族と長距離…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation