%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%8944

ファイルポストの転送サービスとしての知っておきたい5つの活用方法

ファイルポストの転送サービスは、その活用方法を知るとさらにその便利さが増します。
これからその5つの活用方法を紹介しますので、興味のある方はぜひご覧になってください。
ここで紹介するポイントは、趣味やビジネスでの活用するファイルポスト、
オンラインストレージとしての利用、
そして最後に会社業務の効率化とコスト削減に生かす方法です。

スポンサードリンク



趣味やビジネスでの大容量データの送受信

現在は、個人間であっても頻繁に大容量のデータをやり取りする時代です。
デジタルカメラやタブレットで撮影した動画や画像を友人の端末に宛てて送信したり、
自ら作成したオリジナルのファイルを誰かに送るということもあります。

そんなとき、低容量のファイルであれば電子メールを使って送受信することができますが、
1GBを超えるような大容量の場合はメールに添付して送信することはできません。
なぜなら、ホストメールやフリーメールには大きな容量のファイルを送受信する力はないからです。

したがってこういうときは、ファイルポストの転送サービスを活用しなければなりません。
ファイルポストはインターネットのファイル転送サービスですが、
無料で最大3GBのファイルを転送することができます。
使い方も非常に簡単で、公式サイトのトップ画面にアクセスし、
転送したいファイルを選択してそれをアップロードするだけです。

高度なWEBの知識がなくても誰でも操作することができるので、
ぜひこれを個人間でのデータのやり取りにお役立てください。
一方、ファイルポストは企業活動でも生かすことができます。

企業では個人の場合よりもさらにデータのやり取りが頻繁で、
しかも容量も大規模になっていきますが、こういう場面でもファイルポストを活用することができるのです。
特に海外とも取引を行っている企業にとっては、
ファイルポストの転送サービスは役に立ちます。
なぜなら、ファイルポストの転送サービスでは、
日本語だけでなく海外の複数の言語に対応しているからです。
例えば、アメリカやドイツの企業もしくは支社とやりとりしているところがあれば、
このファイルポストを利用して現地の企業とデータのやり取りができます。
全世界の言語を網羅しているわけではありませんが、
英語、ドイツ語など主だった国の言語には対応しています。

しかも、サービスを受けるにあたって登録は不要、
使い方は簡単、最大3GBまでは無料で利用できるのです。
この便利なファイル転送サービスを、ぜひ個人でも企業でも大いに活用しましょう。
なお、ファイルポストで一度に転送できるファイルの数は15、
保存期間は5日間、ファイルのダウンロードについては、累計で6GBまでが可能です。
ファイル転送時に指定するメールアドレスは最大で3名を登録することが可能です。

個人や企業でオンラインストレージとして利用する

ファイルポスト便については、単に一方から他方へのファイル転送に利用するだけに留まらず、
複数の人間によるファイル共有、つまりオンラインストレージとして利用することもできます。

これはファイルポストの目玉機能の一つでもありますが、
ファイルポストには共有フォルダのサービスも紹介されています。
このサービスを利用すれば、大容量のファイルであっても、
誰かがアップロードしたファイルを複数の人間で共有することができます。
これもまた個人や企業で大いに活用したいところですが、
このようにファイルポストはオンラインストレージとしても利用できることを覚えておいてください。

スポンサードリンク



ちなみに、ファイルポスト便の利用についても登録は不要で、
共有は無料で行うことができ、保存できるファイル数は無制限です。
ただし有効期間が定められており、それは7日間となっています。
一度アップロードされたファイルは、7日間が経つと自動的に削除されてしまいます。
しかし機能性は充実しており、ファイル選択では一括選択が可能、
ディレクトリも追加できますし、ファイルの移動や変更もできます。
ここまで来ればれっきとしたWEBフォルダですが、そうです、
ファイルポストはWEBフォルダとしても活用することができるのです。

どうぞその便利さについて、ファイルポストの共有フォルダで味わってください。
さて、共有フォルダの具体イ的な活用法についてですが、
これは人によってさまざまな活用の仕方があります。
例えば、家族の誰かが旅行で写真を撮影してそれを家族に見せたいと思った場合、
それを本人が家族一人一人に転送していたのでは時間がかかり過ぎてしまいます。
そんなときファイルポストを使えば、簡単な方法で早く家族に写真を見せることができます。
方法は、ファイルポストの共有フォルダに見せたい写真をアップロードするだけです。

あとはそのURLを家族全員に伝えれば、
家族は自分が見たいときにそのURLからダウンロードして写真を見ることができます。

このようにファイルポストに共有フォルダを作っておけば、
たった一回の作業で複数の人間にデータを伝えることができます。
企業においても、一つのデータを複数の社員で共有したい場合は、
ファイルポストを利用することによって簡単にデータを共有することができます。
社員全員の端末にデータを送信する必要はなく、
必要なのはただファイルポストに一度だけファイルをアップロードするだけです。

業務の効率化とコスト削減に活用する

ファイルポストの転送サービスはとても便利で評判のいいものですが、
これをぜひ企業のコスト削減と業務効率化に生かしましょう。
なぜ、ファイル転送サービスであるファイルポストが企業の業務効率化やコスト削減に役立つのか。
それについて、これから説明していきます。
まず業務の効率化については、一つの端末から別の端末にデータを送付する場合、
物理メディアや書類を使うと、書き写しやコピーするのに時間がかかってしまいますが、
ファイルポストを利用すればデータの送付を最小限の時間で行うことができます。

ファイル転送サービスのない時代では、大容量のデータは全て
物理メディアにコピーして持ち運びするか、書類にするしかありませんでしたが、
ファイル転送サービスのある今なら、ファイルを一度アップロードするだけで事は足ります。
このサービスを本格的に導入すれば、データ送信にかかる作業時間を大幅に減らすことができ、
それによって業務を効率化することができます。
というわけで、企業活動においてはこのファイルポストを大いに活用したいものです。
さらに、ファイルポストの転送サービスは企業のコスト削減にも一役買います。

これは業務効率化の結果ともいえますが、ファイルポストの利用でデータ移動に
必要な物理メディアの購入がなくなれば、その結果として会社のコスト削減が実現します。

ファイルポストのようなファイル転送サービスがなかった時代には、
データを移動させるためにCD-RやUSBメモリーなどの物理メディアを購入しなければなりませんでしたが、
ネット上での転送や共有ができる今、物理メディアを大量に購入する必要はありません。

そして物理メディアを購入する必要がなくなれば、
自然の成り行きとしてコスト削減がなされるのです。
それでは最後にファイル転送サービスの活用方法をまとめておきましょう。

ファイルポストの転送サービスには5つの活用方法がありました。
それは、ファイルポストの転送サービスを趣味で用いること、
ビジネスで用いること、オンラインストレージで用いることです。
さらに、会社の業務効率化とコスト削減にも用いることができるということでした。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. 003_main1
    スポンサーリンク ■5%OFF成田空港!賢く免税店でお買いもの深田祐介の小…
  2. slide03
    スポンサーリンク ■交通情報をより快適に!有名な交通情報といえば、日本道路…
  3. kousoku
    スポンサーリンク ■初心者にきつい!ありえへん渋滞の落とし穴。家族と長距離…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation