google%e3%82%af%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a0

Google Chromeが重いのはOSが原因?改善方法をご紹介します

スポンサードリンク



GoogleChromeを使用し続けていると、
だんだんとウェブサイトの読み込みが遅くなってきたり、
動画を読み込もうとするとブラウザがクラッシュするなどのトラブルが発生してしまうことがあります。

これらのトラブルには、さまざまな対処法があり、
少し手間を加えるだけで元通り快適にブラウジングや動画の閲覧を楽しむことができます。
なぜGoogleChromeが重くなったり、不安定になってしまうのでしょうか?
その理由と改善するための方法をご紹介したいと思います。

グーグルクロームの動作が重い時に確認すること

基本的にブラウザは使用し続けているとだんだんと動作が遅くなってしまいます。
これは、キャッシュが貯まりすぎたり、
度重なる更新で余計なデータがソフト内に蓄積してしまったりすることが原因で、
適度にブラウザを再起動したり、グーグルクロームそのものを
アンインストールして新規にデータをダウンロードして
クリーンインストールを行うことでまた動作を元通り快適なものへと戻せるのです。

しかし、これらの対策を行っても動作が遅い場合があります。
そんな時に考えられる原因として、ブックマークが多すぎること、
拡張機能が余計な負荷をかけていることなどが考えられます。

 

グーグルクロームを入れ直しても起動が遅い時の対処法

グーグルクロームは起動時にお気に入りやスタートページの読み込みが行われます。
そのため、お気に入りの数が多過ぎたり、
スタートページに設定されているサイトが重かったりすると、
起動が遅くなってしまうのです。
起動後に快適に動作するのに起動だけが遅いという場合には、
この2つの原因が考えられます。
対処法としては、余計なお気に入りを削除する、
スタートページをブランクにして読み込みを行わせないことなどがあります。
また、拡張機能を多くインストールしている場合にも起動が遅くなる場合があるので、
こちらも合わせて見直しを行うと良いでしょう。

 

ウェブサイトの閲覧が遅い場合の対処法

グーグルクロームの起動は問題なくてもサイトの読み込みが遅いという場合には、
また別の対処法が必要となります。
この場合、まず考えられるのが自宅で使用しているネット回線の問題です。
Windowsの場合、Internet ExplorerやMicrosoft EDGEなどの
ブラウザが標準で用意されていますので、まずはそちらでサイトの読み込み速度を確認してみましょう。

もし、別のブラウザでも読み込みが遅いなら、
ネット回線かパソコンそのものに問題がある可能性が考えられます。
回線に問題があるかどうかを確認するためには、
スマートフォンや別のパソコンなどを自宅の回線に繋ぎ、
その際にどの程度の速度で読み込まれるかを確認します。
もし別のパソコンなどでの確認が難しい場合には、
回線速度を測定出来るサイトで自宅の回線速度を調べてみると良いでしょう。

回線速度が遅かったり、不安定になっている場合などは、
プロバイダのサポートに回線の調査を依頼してください。
その他の原因として考えられるのは、他のソフトウェアなどが
パソコンのメモリやCPUを消費して性能的に余裕がなくなってしまった場合です。

この場合は、ブラウザと同時に起動しているソフトを全て終了し、
その状態でどの程度動作が改善するか確認してみてください。
ソフトによってはバックグラウンドで動作しているものもあるので、
タスクマネージャーでメモリやCPUに負荷が大きいソフトを確認して停止させると良いでしょう。

これで動作が改善するようなら、パソコンの性能が足りていないことが理由として考えられるため、
メモリを追加したり、パソコンを買い換える必要があります。
その他にも、拡張機能が原因で動作が重くなってしまうこともあります。

特に不要な広告を非表示にするアドブロック系のソフトは
ウェブサイトの読み込み時に全体をスキャンして対処するため、
動作が重くなってしまいがちです。
性能的に余裕が無い場合は、広告をブロックする拡張機能は
切っておいた方が安定して動作するでしょう。

スポンサードリンク



動画読み込み時にグーグルクロームがクラッシュしてしまう問題を解決する

Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトを閲覧しようとすると、
flashがクラッシュして動作を停止してしまう問題が起こった場合の対処法です。

この場合、まずはプラグインが正常に動作しているかどうかを確認する必要があります。
設定から拡張機能がきちんと動作しているか確認する方法もありますが、
お手軽な方法として、サイトをシークレットモードで開くというやり方がオススメです。

シークレットモードは、ブラウザを開いた状態でWindowsなら
「Ctrl+shift+n」を、macなら「command+shift+n」をキーボードで入力すると、
シークレットモードになった新しいウインドウが開きます。

後は該当するサイトをシークレットモードのクロームで開き、
動画が正常に動くかどうか確認してください。

もし正常に動作するようなら、拡張機能かプラグインが原因ですので、
一度クロームを全て終了し、起動後に拡張機能とプラグインを停止させ、
ひとつずつ有効にして原因となっているものを確認します。

クラッシュの原因が確認出来たら、
そのプラグインか拡張機能を削除または停止させましょう。
この方法で解決しない場合は、オプションアイコンから設定を開き、
詳細設定内の設定のリセットを行います。
リセットを行うと、クロームに追加した機能などが全て消去されて初期状態に戻りますので、
拡張機能などによって知らない間に変更されていた設定による動作不良を修正することができます。

リセットではブックマークや保存されたパスワードなどは消えませんので、
どうしても原因がわからない時は一度試してみると良いでしょう。

インストールしたクロームそのものが原因の場合

クロームには32bit版と64bit版の2種類のバージョンがあります。
一時期、クロームをインストールしようとすると、
32bit版を間違ってダウンロードしてしまうというミスが起こりやすい状態になっていたため、
64bitのWindowsを使用しているにもかかわらず、32bit用のクロームがインストールされていたという問題がよく起こっていました。

このような状態では、クロームは正常に動作しないため、
重くなったり不安定になってしまいます。
インストールされているクロームのバージョンを確認する方法は、
右上のオプションをクリックした際に出てくる「Google Chromeについて」という場所をクリックしてください。

64bit版のクロームがインストールされていれば、
概要欄のバージョン部分の右に(64bit)と書かれているので、一目で解ります。

OSの確認方法は、Windows 7なら「コンピュータ」を右クリックし、
メニューからプロパティを開き、システムの種類」と書かれている場所を確認します。

Windows10の場合は、スタートメニューから設定を開き、
「システム」をクリックし、開いたウインドウの左メニューにある「バージョン情報」をクリックしてください。

お使いのOSが64bitなら、どちらの場合も「64ビットオペレーティングシステム」と表記されています。
もし間違ったバージョンのクロームをインストールしていた場合は、
新たに64bit用向けのクロームを公式サイトからダウンロードし、
上書きでインストールしてしまえばOKです。
元々入っていたクロームをアンインストールする必要もありませんし、設定もきちんと引き継がれます。

グーグルクロームの動作が重くなる原因は色々ありますので、ひとつずつ確認して原因を追及し、対処しましょう。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation