121018_googlecalendaar_top

グーグルカレンダーを使えばどこでも予定が確認出来る?

スポンサードリンク


ws000001

スケジュールの管理と言えば手帳がまず思い浮かびますが、

手帳を会社のデスクに置きっぱなしにしていたり、

自宅に忘れてしまったりするとスケジュールの変更を別の紙にメモしたり、

覚えておいて後から書き足したりする必要があります。

 

お出かけや買い物などのちょっとした予定ならまだ良いのですが、

これが仕事の打ち合わせだったり大事な会議の予定だったり

するともし忘れてしまったらと考えると気が気ではありません。

 

そんな時にどこからでもアクセスできて予定の前に連絡を入れてくれる便利なサービスがあります。

Googleカレンダーはアカウントを登録するだけで使用できる無料の予定表ツールで、

PC、スマートフォンのどちらからでもアクセスすることができます。

 

Googleカレンダーは他のスケジュールサービスに比べ、

他のサービスと連携がとりやすいですし、アプリとしてスマートフォンに

インストールすることもできるので、予定の前にプッシュ通知で知らせてくれるので、

予定を忘れてしまっていても安心です。

 

グーグルカレンダーの導入方法は?

 

導入方法はとても簡単です。既にGoogleのアカウントを持っているなら、

Googleのサイトにログインして右上のアイコンをクリックし、

メニューからカレンダーを選ぶだけで使うことができます。

ws000002

スマートフォンで利用する場合は、

Androidなら公式のカレンダーアプリをインストールするだけで使えますし、

iPhoneやiPadの場合は少し設定が必要ですが、標準のカレンダーと同期させて使えます。

 

iOSでGoogleカレンダーを使う場合は、

まずブラウザなどでGoogleのアカウントを取得してください。

アカウントが取得できたら、お使いのiPhoneやiPadで設定を開き、

「カレンダー」と書かれた項目をタップします。

img_1542

タップしたらカレンダーの設定画面が出てきますので、

上の方にある「アカウント」を選び、新しいアカウントの追加を行ってください。

この時、どのカレンダーサービスと同期させるか選べますので、Googleを選びましょう。

 

img_1543

後は登録済みのGoogleアカウントとパスワードを入力するだけで

iOSのカレンダーがGoogleカレンダーと同期します。

img_1544

 

所要時間はアカウント取得から初めても30分もかかりませんので、簡単です。

Googleカレンダーの使い方

Googleカレンダーはパソコンやスマートフォンなど、

どこからアクセスして予定を書き込んでも共有されるので、

端末ごとに予定を入れ直す必要はありません。

自宅のパソコンで入れた予定を会社のパソコンで修正したり、

電車の中でスマートフォンを使って修正したりすることもできます。

 

予定の入れ方についてもとても簡単で、

ブラウザの場合は予定のある日程部分をクリックし、タイトルを記入すればOKです。

ws000000

細かく設定したい場合は予定が書かれている部分をクリックして

編集ボタンをクリックすれば詳細な設定が行えるようになります。

ws000001

編集画面からは通知のタイミングやカレンダーの色、

繰り返しや終日などの設定も行えますので、

定例作業などの予定を入れる場合も簡単に設定することができます。

ws000002

アプリから利用する場合は、カレンダーを起動して予定を入れたい部分をクリックします。

これはiPhoneでもAndroidでも同じです。編集や詳細な設定についてもほぼ同じですが、

OSによって多少違いがありますので、注意しましょう。

 

まず、iOSでカレンダーを利用する場合ですが、

カレンダーアプリを開いて予定のある日をタップしてください。

img_1545

タップすると時間を設定する画面が出てきますので、

予定がある時間の部分をタップします。

 

img_1546

予定のある時間の部分をタップすると、設定画面が現れますので、

予定の名前や時間を記入します。詳細な設定がしたい場合は右上の編集をタップしてください。

img_1547

設定が終わったら右上の完了を押せばグーグルカレンダーにデータが同期され、

どの端末からでも確認出来るように共有されます。

img_1548

 

アンドロイド端末の場合も同様にカレンダーアプリを起動し、

予定のある日をタップしてください。

screenshot_20161215-165818

 

既に予定が入っている場合は予定がポップアップで表示されます。

screenshot_20161215-165825

詳細設定はポップアップの予定が書かれた部分をタップすると

編集画面が出てきますので、そちらで行ってください。

screenshot_20161215-165829

どこから設定しても同期してデータが共有されますので、

予定が入ったときはすぐにスマートフォンから予定を入れておくと良いでしょう。

また、ブラウザ版で設定を行えば他のカレンダーと共有させることもできます。

ws000003

会社内でスケジュールを共有することもできるので、

会議や納期などの予定を周知するために利用しても良いでしょう。

設定方法はカレンダーを開き、左の中央付近にある

「他のカレンダー」をクリックして追加するだけです。

追加方法はカレンダーの持ち主のメールアドレスを利用して行います。

 

追加を行うと持ち主のメールアドレスに許可を求めるメールが送信されますので、

カレンダーの持ち主が許可すればカレンダーを同期し、スケジュールを共有できるようになります。

この場合は自分の予定も見えてしまいますので、

会社用として使う場合は専用のアカウントを1つ作っておいた方が良いでしょう。

 

Googleカレンダーは簡単にさまざまな端末やアプリケーション、

メンバーの間でスケジュールを共有できるサービスです。もしスマホが壊れてしまったり、

パソコンが使えなくなったりしても、アカウントさえ覚えていれば

ネット環境さえあればスケジュールを確認出来るので安心です。

 

手帳でのスケジュール管理も良いですが、

簡単に使えるGoogleカレンダーでスケジュールを管理してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中、エアボーカルという…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation