0127

ディスカウントショップから始まったビックカメラの名前に隠された新事実

ビックカメラは家電量販店の1つです。
比較的に知名度の高い家電量販店の1つであり、現愛では16都道府県に店舗を展開しています。
子会社には同じく家電量販店であるコジマ、パソコンの販売などを中心に行っているソフマップなどがあります。

ビックカメラは1968年に群馬県で創業されました。
創業当時はその名の通りにカメラ専門店であり、ディスカウントショップであったそうです。
その後、家電やパソコンなどの販売に参入しており、1990年代に入ると、酒類やゴルフクラブなどを初めとして多様な商品を販売するようになりました。
パソコン販売にはかなり力を入れており、ビックパソコン館という会社を設立してまで、販売していたのですが、販売台数が下落してきたこともあり、現在では吸収合併されてなくなっています。
その後、パソコンショップとして有名であったソフマップを連結子会社化しており、ビックカメラの弱点であった部分をカバーしていると言って良いでしょう。

社名であるビックカメラですが、ビッグカメラと誤用されることが多くあります。
一般的な消費者としてはビッグカメラと勘違いしている人も多いのですが、ビックには偉大なという意味があり、そちらの意味で用いられているそうです。
現在では詳細な商品情報を消費者に提供できるよう、販売部門ごとに専門販売員を設置しており、まとめ買いをする時のアドバイスができるスタッフなども配置しています。
トータルコーディネートを行ってくれることから、重宝しているというお客さんも多いようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. c9ddc4d8e4f474c23ab19b47ba50d922
    スポンサードリンク ネット通販大手の楽天市場では、通販事業以外にも…
  2. img_79e34e3ffab480b85c5c688ba089d4e5716899
    スポンサードリンク ちょっと小腹が空いたときやご飯を簡単に済ませたいというとき…
  3. imasia_15879541_m
    スポンサードリンク 通話、チャットツールとして利用者が多いLINEですが、…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation