SAN BERNARDINO, OCTOBER 29: Shipping orders go by on a conveyor belt at Amazon's San Bernardino Fulfillment Center October 29, 2013 in San Bernardino, California. Amazon's 1 million square-foot facility in the hard hit San Bernardino County has created more than 800 jobs at the center. Fulfillment centers are where products sold by other vendors on Amazon.com store their inventory. (Photo by Kevork Djansezian/Getty Images)

AMAZONはこれからどうなっていく?ドローン配達が今では、、、、

AMAZONといえば、インターネット通販大手で、その名を知らない人はいないでしょう。
名前を知らないどころか、いつも頻繁に利用していて、

家にあるもののほとんどがAMAZONから購入したものばかりという人もいるかもしれません。
そのぐらいAMAZONは国民生活にしっかり密着しており、

通販ガリバーとしてはなくてはならない存在になってきています。
というわけで、今でも十分発展し尽くしている感があるAMAZONですが、

今後はどうなっていくのでしょうか?
この点が気になる方もいらっしゃると思いますが、

3つの観点からAMAZONの今後について考えてみたいと思います。

まず一つは、今後、AMAZONがどんな企業買収を仕掛けていくかという点です。
これまでもAMAZONは企業買収を行って企業規模を拡大させてきましたが、

今後はどんな買収を行うかそこが注目されます。
なぜなら、どんな企業をどのように買収するかで、企業のイメージや風土、業態まで変わってしまうからです。
当然そこには、成功する買収もあれば、失敗する買収もあるわけですが、

これを踏まえてAMAZONがどんな買収戦略を行うか、あるいは行わないのかに注目したいところです。

また、消費者のニーズに今後さらにどこまで応えられるかも注目です。
例えば、今よりさらに配送システムを充実させれば、

商品が今より早く届くようになり、消費者からの支持は高まります。
またそれにちなんで、配送量や取扱い手数料をどうするか、

この部分の采配によっても消費者が付くか離れるかが左右されます。
ちなみに現状では、AMAZONの配送スピードはとても速く、

本国ではドローンを使用しているところもあるとか。

送料や手数料の点でもかなり低価格に抑えられているので不満も出にくい状況になっています。
しかし一部、飲料系などで取扱い手数料を徴収する決定を行っているので、

こうした決定が今後どのように影響するか注目されるところです。
ここではAMAZONの今後について、企業買収と消費者ニーズの観点から考察してみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. 003_main1
    スポンサーリンク ■5%OFF成田空港!賢く免税店でお買いもの深田祐介の小…
  2. slide03
    スポンサーリンク ■交通情報をより快適に!有名な交通情報といえば、日本道路…
  3. kousoku
    スポンサーリンク ■初心者にきつい!ありえへん渋滞の落とし穴。家族と長距離…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation