https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-06-Green21_hyuhyu20141123121153-thumb-1000xauto-17850

facebookが目指す2015年以降の予言! これからの時代は「」をシェアし始める

SNSの旗手、facebookは他人と交流するのにとても便利なメディアですが、

みなさんはこれをどのように活用なさっているでしょうか。
SNSなのだから、家族や友人と交流する、または自分の興味や関心、

その日の出来事などを日記にしているという人もいるかもしれません。
これらはとてもオーソドックスな活用法であり、

facebook開設の趣旨にもぴったりマッチするものとなっています。
しかし、facebookの活用範囲は交流や日記だけにとどまりません。
そうです、例えばビジネスの分野でもこれを

戦略的な武器として活用することができるのです。
それははっきりといえば、facebookを通じていろいろな商品やサービスを宣伝していくということですが、

この単純なことをfacebookで行うということに意味があるのです。
これは少し考えてみれば分かると思いますが、

facebookのユーザーは日本だけでも月間アクティブユーザーは2100万人がいるといわれています。
つまり、かなりの数の人間がfacebookを見るためにアクセスしているということであり、

これをビジネスに利用しない手はないのです。
しかも、こちらから集客しなくても向こうから寄ってくるという

facebookの求心力を考えれば、ビジネス利用は企業としてだけではなく、

個人としても利用価値があるといえます。
もちろん、すでにこの利用価値に気が付いている人はたくさんいますが、

今後はさらに、事業運営における宣伝媒体としての比重をfacebookに置く人が出てくることでしょう。

ところで、facebookの今後はどうなっていくのでしょうか?
今は多くの人から注目されていて求心力がありますが、

今後も変わらず発展を続けていくでしょうか。
この点、開設者のマーク・ザッカーバーグによれば、さらなる発展の余地があるとのことです。
例えば、今以上に共有のあり方が豊かになっていく可能性や、

コミュニケーション頻度が高くなること、そして触感や感情や空間さえもシェアできるようなっていく

可能性についても言及しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation