seisekisekai_shadow

地図は時代と共に変化していく?そしてこんなのまで表示されて、、、

人間が使用する地図は、それが印刷版であればコンピューターであれ、

常に最新のものを使用しなければなりません。
なぜなら、地図は時代と共にたえず変化しつづけているからです。
時代が変われば地図も変わり、地図が変わるということは

時代が変化したことを示しています。
そのように地図と時代の変化は不可分の関係にあるので、

地図はいつも時代の最先端で使用されているものを用いなければなりません。

そんな時代とともに変わっていく地図を反映させているサイトもありました。

地図の元
http://www.mapfan.com/moto/motoedit.cgi

 

地図がどんどん変わっていく理由

それはいうまでもなく、最先端のものでなければ役に立たないからです。

それはどういうことかといえば、次のような理由があります。
例えば、ある地域では国や建設会社の事業などによってさまざまな工事が行われ、

建物が建て替わったり、再開発が行われたり、

災害対策が行われるなどして、ある期間で街の風景が一変してしまうことがあります。
こういう場所で、昔の情報がインプットされた地図を使うとどうなるでしょうか。
いうまでもなく、一体どこがどうなってるのか現在地も分からなかったり、

目的地へもどんなルートで行ったらいいのか、

皆目見当がつかないという事態に見舞われてしまうことになります。
それもそのはずで、街が変化したことによって地図がそれに

対応できなくなったのですから、混乱するのも仕方ありません。
こういう場合は当たり前ですが、街の変化を正確に反映させた、

最新の地図を使用しなければなりません。
そしてこのようにして、地図はいつも時代と共に変化することを余儀なくされてきました。

時代と共に変わっていく地図記号の表示

ところで地図の変化といえば、これは建物や地形の変化とは関係ありませんが、

地図記号も時代と共に変化してきました。

国土交通省 国土地理院
http://www.gsi.go.jp/KIDS/map-sign-tizukigou-h14kigou-itiran.htm
ある地図記号が徐々に形を変えていったり、見直されたり、変更されたり、

ある時から使用されなくなったりということが、実際に行われてきました。
また、記号自体は変わっていないものの、その呼び方だけが変更になってものもあります。
こうしたことは全て地図の使用者の利便性を考慮してのことですが、

しかしこれも時代の変化に迫られたものだったといえましょう。
ちなみに、最新の地図ソフトはこうした変化にちゃんと歩調を合わせているので、

ソフトを使う場合は、それに付いていくために定期的に情報を更新しなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. c9ddc4d8e4f474c23ab19b47ba50d922
    スポンサードリンク ネット通販大手の楽天市場では、通販事業以外にも…
  2. img_79e34e3ffab480b85c5c688ba089d4e5716899
    スポンサードリンク ちょっと小腹が空いたときやご飯を簡単に済ませたいというとき…
  3. imasia_15879541_m
    スポンサードリンク 通話、チャットツールとして利用者が多いLINEですが、…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation