ana

ANAとはどんな会社?なぜここまで人気なのか?全世界に支持される驚きの理由

よく知っているようで実はあまり知らない、

そんな日本の企業があるかもしれませんが、今回はその一つを取り上げてみたいと思います。
それは、全日本空輸ですっかりおなじみの「ANA」という会社です。
みなさんはANAといえば、飛行機の会社だと思われるかもしれませんが、

本当に飛行機を運行するだけの会社だと思われますか?
もしそう思われているとしたら、

ANAについてまだよく知らないということになります。
なぜなら、ANAは子会社99社、関連会社42社を抱える、

超巨大なグループ企業だからです。
グループの中にはもちろん航空事業に関連した会社もたくさんありますが、

そうじゃない関連会社などもあります。
それらも含めてANAホールディングスを構成しているのであり、

私たちが知っているANAというのは、実は飛行機を飛ばすだけの会社ではなかったのです。

それもそのはず、ANAホールディングスは1952年の12月に設立された会社ですから、

それから今日までの間にいろいろな事業展開を行い、

あるいはあまたの企業との取引を行いながら発展してきました。
株式市場にも1961年10月から上場しており、

その上場は今日までずっと維持されてもいます。
そうした歴史を重ねる中で企業をグループ化させ、

航空輸送業界以外の子会社や関連会社を抱えたりすることも、これはいわば必然だったといっていいでしょう。
ちなみに、日本においてANAという会社がいかに大きな存在感をもっているかについては、

頻繁に取引を行っている仲のいい会社の顔ぶれを見れば分かります。
旧財閥系のグループ企業から、大手鉄道会社、大手百貨店、石油系企業、

酒類メーカー、空港ビルディングとの付き合いももちろんあります。
こうした関係性を見ていくと、ANAという会社は一介の航空輸送会社にあらず、

日本人のありとあらゆる生活の各分野に影響を与えている、

国家的な超巨大インフラ企業と見ることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation