20140425_212

コンビニ、介護市場にも参入!?イオンのさらなる挑戦とは?

みなさんはイオンについてどのぐらいご存知ですか?
イオン、それはマックスバリュのことだとおっしゃる方もおられますが、
イオンは食品スーパーだけの企業ではありません。
実際に調べてみれば驚かれると思いますが、
イオンはありとあらゆる産業に進出しており、
そのグループ事業は数え切れないほどの数になっています。
グループの主要企業については公式サイトで紹介されていますので、
一度ご覧になってみるといいでしょう。

イオングループの母体と事業形態について

マックスバリュ、すなわちスーパーマーケット、
ディスカウントストアはもちろんイオングループの一つです。
さらに、小型店事業、ディベロッパー事業、国際事業、
GMS(総合スーパー事業)ドラッグ・ファーマシー事業、
機能会社、サービス・専門店事業、総合金融事業、デジタル事業まであります。
ざっと見て分かるとおり、ありとあらゆる業種に進出して
大きなグループ企業を形成しているのが、イオンということになります。

簡単なものはミニストップでお買い物、さらにたくさん買うときはマックスバリュ、
クレジットはイオンクレジットという感じで、
生活そのものがイオンなしでは成り立たないという人もいることでしょう。
まさしくイオンはあらゆる業種でシェアを広げており、
実際のところ、国民生活の隅々にまで影響力を与えているといえます。
今後はコンビニ市場でいかに存在感をアピールできるかが注目されますが、
現在のところは、グループ会社のミニストップが一つあるだけに過ぎず、
しかも市場ではセブン・イレブンなどに売り上げは及びません。
時あたかもコンビニ市場の競争が激化しているため、
この市場でいかに勝者となるかが、イオンのさらなる成長の鍵を握ってるといえるでしょう。

インターネット上のスーパーの走り?おうちでイオン

イオンに買い物に行くには
お化粧をして、着替えて、髪をセットして
車を出して、駐車場に止めて、
重い荷物をもって、、、と
買い物に行くまでに相当な覚悟?を入れて
行かなければならない気がしますが
今流行りのネットスーパーなら
最短3時間で自宅に届けてくれます。

このサービス、知っているようで知らないことが
多いので是非チェックが必要ですね。

もちろん近くにイオンがなくても
注文ができるので、ちょっとした
毎日の生活に必要な食料品や日用品ももちろん、
医薬品まで幅広く取り揃えているのも魅力。

入会金や年会費も0円だから
だれでも気軽に利用できるし、
雨の日や真夏、真冬に関係なく
気軽に注文できるから今後も利用者の増加と
サービスの充実に期待したいですね。

おうちでイオン
https://www.aeonnetshop.com/shop/

 

また、それでも実際出かけて
店舗であれこれ買い物をしたい、という
ことであれば店舗一覧から最寄のイオンをチェック!

店舗一覧
http://www.aeonretail.jp/shop/aeonlist.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. 003_main1
    スポンサーリンク ■5%OFF成田空港!賢く免税店でお買いもの深田祐介の小…
  2. slide03
    スポンサーリンク ■交通情報をより快適に!有名な交通情報といえば、日本道路…
  3. kousoku
    スポンサーリンク ■初心者にきつい!ありえへん渋滞の落とし穴。家族と長距離…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation