rsdwmhdecttnyig4cigjb236uu3xep894

今年の台風と傾向、対策、最新情報!あなたが知らない対策と裏技

日本の災害といえばよく地震の危険性が叫ばれますが、
それに負けていないのが台風です。

日本は地震が多いので地震列島などと呼ばれますが、
実は台風も非常に多く、その数からすれば
台風列島と呼んでもおかしくない状況です。
もちろんその被害の多くは西日本、
特に九州南部や四国南部に集中していますが、
こうしたエリアに住んでいる方は、台風の時期がくるたびに
その対策をしっかりやっておかなければなりません。

日本気象協会 台風情報
http://www.tenki.jp/bousai/typhoon/

 

台風が接近する前と接近してから備えるべきこと

では、具体的に台風対策でどんなことができるのか考えてみましょう。

事前に予測ができたとしても
思った以上の威力に驚き、想定外の被害を
被ることも多々あります。

台風は接近位置によって
備えるべきことが変わってきますので
一読をお勧めします。

最新の台風情報を常にチェックをしつつ、
なるべく直撃タイミングでは外出を控えること、
そして家の周りを再度点検し、雨風で
飛ばされる可能性のあるものは家の中に入れたり
他人や他の家などに被害が及ばないよう
しっかりと固定することが大事です。

窓や雨戸はテープなど貼って補強し
万が一ガラスが割れても被害が大きくならないよう
カーテンをしっかりとしめておきましょう。
最近の台風は豪雨の傾向があるため
床上浸水などの対策も必要となると思います。

一番怖いのが家電製品や電気が通っている状態での
感電です。水を通って感電してしまうので
なるべく高いところへ家電製品などは置くようにしておきましょう。
また住んでいる家を台風から守れるように保護しなければなりません。
例えば、屋根のひび割れやズレを補修したり、
ベランダをしっかり補強したり、
危険物を周辺に置かないようにしたり、
雨戸のぐらつきがないかを確認することも大事です。
外壁はどうでしょうか?
板壁に腐ってぼろぼろになった部分があったら、
それを直しておかなければなりませんし、
モルタルの壁はもし亀裂があったら、
それも修繕しなければなりません。
窓ガラスは、雨どいに防御されて安心と思うかもしれませんが、
ガタツキがあると強風で外れてしまう可能性があるので、
やはりここもチェックしておく必要があります。

以上は屋外に向けた備えですが、台風は家の中の備えも重要です。
例えば、台風情報をいつでも得られるようにしておくことや、
万が一のインフラ遮断に備えて、ローソクや携帯ラジオなどの
非常用品を買っておくことも必要になります。
このように台風対策では家の外と中、両方の備えが肝心です。

台風の進路などは随時気象庁が発表する情報でチェックを行っていきましょう

気象庁
http://www.jma.go.jp/jp/typh/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. c9ddc4d8e4f474c23ab19b47ba50d922
    スポンサードリンク ネット通販大手の楽天市場では、通販事業以外にも…
  2. img_79e34e3ffab480b85c5c688ba089d4e5716899
    スポンサードリンク ちょっと小腹が空いたときやご飯を簡単に済ませたいというとき…
  3. imasia_15879541_m
    スポンサードリンク 通話、チャットツールとして利用者が多いLINEですが、…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation