f26cd4ade3db0f4f1b6f0c1fedff0ace_s

うちの子も旦那もまさかの、、、、ネットで麻雀を行う上での危険性

麻雀といえば、以前の感覚なら雀荘に通って行うというのが常識でした。
もちろん今でも雀荘はありますし、そこに通って打つのが当たり前という人もいると思いますが、
今はここから少し時代が変わりました。
つまり、今は現実の雀荘だけでなく仮想の雀荘、
そう、インターネットでも麻雀が打てるようになったのです。

無料で遊べるオンラインゲーム麻雀の台頭

対戦相手はコンピューターの場合もありますが、自分と同じ人間の場合もあり、
バーチャル感覚とはいえ、実際の雀荘の感覚と変わらない雰囲気で、
しかも自宅に居ながら麻雀ができるようになったのです。
このことは、麻雀プレイヤーを拡大させることに大きく貢献したことでしょう。
なぜなら、今まで麻雀には興味があっても、雀荘に行く勇気はないという人もいたはずだからです。
そういう人でもネットでの対戦ゲームなら気軽に始めることができ、
どこにも出かけることなく、人に会うこともなく麻雀ができるのです。

4人麻雀が無料で楽しめるオンラインゲーム一覧
http://www.onlinegamer.jp/game/%E9%BA%BB%E9%9B%80

ネットゲームの麻雀をする場合は注意すべきこと

ただし、ネットゲームの麻雀をする場合は注意すべきこともあります。
例えば、スマホなどでゲームを行う場合は、白熱してくると打ち込みが早くなってくるので、
腱鞘炎などにならないよう注意する必要があります。
また、卓を叩くなどして相手を急かす行為はマナー違反となりますので、
こうしたこも行わないようにしなければなりません。
現実の麻雀の世界にも一定のルールやマナーがありますが、
ゲームの世界もそれと同じだという認識は持たなくてはなりません。
それから、ネットで行う場合は何時間もあるいは

何日もハマッてしまう可能性があるので、
出不精になったり引きこもりにならないよう注意する必要もあります。

オンライン麻雀で指摘される損失の危険性

日本で唯一現金を掛けて
人と人で対戦ができるのが
DORA麻雀と言われています。

DORA麻雀
http://doramahjong.com/

ネットを通して対戦ということで
単純にゲームとして楽しむのであれば
湧かなかった感情も
こと現金が、、となると少し不安が
生じるものだと思われます。

ですが、基本は無料で練習ができて
感触を確かめられるので
まずはそこから慣れていくのがよいかと思われます。

サイトのセキュリティはしっかりされている
かとは思いますが、人対人に関しては
トラブルに関与しないことが多いので
掛け金は少額からの方が無難だと思われます。

許容損失を常に考えて自己責任で
動くようにしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. 003_main1
    スポンサーリンク ■5%OFF成田空港!賢く免税店でお買いもの深田祐介の小…
  2. slide03
    スポンサーリンク ■交通情報をより快適に!有名な交通情報といえば、日本道路…
  3. kousoku
    スポンサーリンク ■初心者にきつい!ありえへん渋滞の落とし穴。家族と長距離…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation