09

カープ女子場外戦 急増する野球女子のホンネ

広島カープといえば、その経済力からいえば、
選手の年俸総額が12球団のうちもっとも少ないことから見ても、
決して大きなチームとはいえません。
それなのに、ここ数年毎年クライマックスシリーズに進出するなど、
安定した強さを見せているのが広島カープです。
経済力的にはそれほど恵まれているとはいえない広島カープが、
なぜこれだけの強さを見せることができるのでしょうか?
今回はここに的を絞って考えてみたいと思います。

少ないチャンスで質の高い選手の獲得がうまい

まず、一つ挙げられる点としては、カープは少ないチャンスを生かしながら、
いつも質のいい選手を補強しているということです。
特に投手陣は目を見張るものがありますが、
それほど頻繁にトレードなどをしているわけでもないのに、
ドラフトなど与えられた少ないチャンスの中で、
しっかりとチームに貢献できる質の高い選手を補強しています。
そのため、他のチームでもなかなか達成するのが難しい、
先発、中継ぎ、抑えの3つの投手リレーの安定感がちゃんと広島カープにはあるのです。

先発、中継ぎ、抑えの件や
選手にまつわることは
広島カープに関するブログまとめで
大激論されていますので
興味ある方はそちらでもご確認ください。

野球ブログ 広島東洋カープ 人気ランキング
http://baseball.blogmura.com/carp/

地元密着型のチーム作りが盤石

加えて、地元密着型のチーム作りを長年心がけていることから、
いつも地元の熱い声援を受けられること、また近年は「カープ女子」など
女性からの応援もあることなどが、さらにカープの選手達のやる気を引き出すものとなっています。
こうしたチームの内側の強さと外側の強さが相まって、
経済的には遅れをとりながらも安定した強さを見せることができているのです。
そしてチーム力の安定が長く続いていけば、
いずれ経済的にも他チームに追いつくときがやってくるでしょう。

そもそもなぜカープ女子が目立ち始めたのか?

2013年のNHKの番組でそもそも「カープ女子」という
用語がつかわれ始めたのが始まり。

わたしの見解から当初カープ女子というのは
地元のカープファンの女子のことを指すものだと
思っていたのですが、
本来番組で言っていたのは神宮球場や東京ドームに
集まる在京カープファンを意味していたようです。

そしてこの10年の間に球団に経営力がつきはじめ
カープグッズが好調になったのと、
コラボ商品も多数リリースしたりと広報・宣伝にも
力を入れ始め、昨年では
「関東カープ女子 野球観戦ツアー」というツアーも
球団側でマツダスタジアムまでの
交通費を負担し、開催された。

これがカープ女子のブランド化と認知を促進させ
若い女性が一気に増えた。
今では観客の約半分弱が女性でうち、20%が
20代以下と言われています。

チームが好調とともに益々勢いがつく
広島東洋カープの今後に期待したい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中、エアボーカルという…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation