3177fb4c5be28120610c549b9798e217_s

みんなが知らないハロウィンの象徴と作り方

スキップパーティー

ハロウィンは毎年10月31日に行われるお祭りのことです。
そもそもは古代ケルトが期限とも言われており、

秋の収穫祭の1つであったそうです。
また、悪霊などを追い出すという宗教的な意味合いもあったのですが、

現代ではアメリカの民間行事として定着していると言えます。
宗教的な意味合いというのはなくなっており、

日本ではコスプレをする日という認識をする人も多いようです。

ハロウィンの象徴とも言えるのがジャック・オ・ランタンですね。
ジャック・オ・ランタンとはアイルランドやスコットランドに

伝わる鬼火のような存在だと考えてください。
もともとはかぼちゃではなく、カブで作られていたのですが、

アメリカに移民したアイルランド人は、

生産量の多かったかぼちゃで作ったことが現在に繋がっています。
かぼちゃの中身をくりぬいて作った提灯のようなものの中に、

ろうそくを立てることでジャック・オ・ランタンと呼んでいるそうです。

欧米では子どもが魔女やお化けに仮装し、

トリック・オア・トリートと家々を訪ねてお菓子をもらう風習があります。
日本語にすると、お菓子をくれなきゃいたずらするぞ、というような意味です。
日本では近年になって急速に認知されるようになってきており、

上でも触れたように仮装をする日というようなイメージが強くなっています。
子どものみが参加するのではなく、大人も仮装して参加するというのが、

日本でのハロウィンの楽しみ方かもしれません。
勿論、ハロウィンにちなんでかぼちゃを使ったお菓子なども販売されており、

今後もさらに拡大していくでしょう。

Good Luck

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. 003_main1
    スポンサーリンク ■5%OFF成田空港!賢く免税店でお買いもの深田祐介の小…
  2. slide03
    スポンサーリンク ■交通情報をより快適に!有名な交通情報といえば、日本道路…
  3. kousoku
    スポンサーリンク ■初心者にきつい!ありえへん渋滞の落とし穴。家族と長距離…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation