ec90c17f826624649b8780a967da5866_s

会議やプレゼンに必ず通る??必殺のパワーポイントの裏ワザ集

■プレゼン成立!必須パワーポイント

プレゼン、相手を納得させる為に限られた時間で必要な情報を伝える、

そして必ず我が社の素晴らしい商品に満足し、相手から契約を結びたいと思わせるといった事をおこさせるのが目的。
良いプレゼンすることで、相手が興味を抱き、その商品を理解し、関心購買欲に早変わりする事。
プレゼン次第で決まる。
例えば言葉だけで淡々と話されても、何も頭に残らなかったりする。
その逆に、資料がたくさんあって何処が大事な部分なのか?何を伝えたいのか?
そういった資料は、資料と呼べなく、お勉強のノート?と つっこみたくなりますしね。
プレゼンの時の服装や発表時の落ち着き度合も気になりますし、

変に、おどおどしていたり多量の汗だったり、資料を何度も見直したりとすると、

商品の興味を抱く前に、発表者が気になってしまう。

「良い資料を作るためのレイアウトのルール」
http://gihyo.jp/book/2014/978-4-7741-6613-1

プレゼンテーションをする為のソフトと言えば、PowerPointです!
エクセルやワードでいいじゃないと言う人もいるかと思いますが、

表の作成、編集、書式設定、スタイル設定もできるし、プレゼン用なので、使った方が楽ですし、時間の短縮になります。
ややこしいレイアウトもパワーポイントさえあれば、楽勝。

■即使う!簡単パワーポイント魅力的な見せ方

マイクロソフト会社が開発したMicrosoft Officeに含まれているプレゼンテーションソフトウエア「Power Point」の事です。
複数のテンプレート お試しPower Point
https://office.live.com/start/PowerPoint.aspx?omkt=ja-JP&s=1&auth=0&lc=1041

なぜ、パワーポイントがプレゼンに大事なのかというと、私たちの目にあるようです。
淡々と文字を読むのが好きな人は別ですが、私のようなら、文字を淡々と読むより、

資料のレイアウト(文字の読みやすさや、文字の配色や文字のサイズ)等、

文字を読むというよりも、その商品の魅力が、すぐに視覚に入り、それが良いプレゼンの始まりではないでしょうか?
レイアウトを簡単に説明すると、A4サイズの白い紙に伝えたい情報を書きますが、それは難しい事です。
なぜなら、文字の色や大きさ、文字の間の幅、記号や単位の文字サイズ、

バランスの悪い文字だけの改行をも気を配らなければならないからです。
魅力ある商品を伝えるなら、プレゼンの資料も魅力あるようにしなければ、つり合いがとれません。
参考サイト http://ppt.design4u.jp/expressive-presentation/
文字だけでなく、グラフも重要です、統計をとるのはわかるのですが、

色の入れ方次第で、何を伝えたいかが、伝わらなければ、グラフはスルーですね。
見落としがちなのですが、文字を入れる四角の枠。
私が、よく上司に注意されたのが、資格の枠でした。
伝えたいメッセージやまとめた項目を四角の線で囲むのですが、

その文字の内容によって角を丸くしないと見る人が、その商品のイメージに合わないとのこと。
レイアウトとは、繊細にそれでいて人の心を動かす紙なのですから、

レイアウト力にたけている人なら、「パワーポイント」を使わなくとも仕上がることでしょうね。
長けている人ばかりではないので、簡単に魅力のある商品説明をするのに、

「Power Point」がプレゼンテーションに使われているのも納得です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation