a0002_000218

三菱東京UFJの歴史と先日行った事に国民が不満爆発!!

日本でも代表的な銀行と言える三菱東京UFJ銀行ですが、

その歴史は決して順風満帆なものではなく合併の歴史だったと言えます。
もともとは三菱銀行、東京銀行、UFJ銀行の3つに分かれており、

UFJ銀行に関しては三和銀行、東海銀行、東洋信託銀行の3つが合併して生まれた銀行でした。
バブルの崩壊などの影響で運営が苦しくなり、

さらに上記の3つの銀行が合併して生まれたのが三菱東京UFJ銀行というわけです。
三菱東京UFJというちょっと変わった名称になっているのも

それぞれの銀行名をそのまま残して合併したことが理由です。
もっと具体的に見るとまず三菱銀行と東京銀行が合併し、

東京三菱銀行となり、その後UFJ銀行が合併され今の形になりました。
なんども合併を繰り返していることからも当時の銀行運営の厳しさが伺え、

大銀行であっても経営的に非常に厳しかったことがわかります。
そんな不況の時代をなんとか乗り越えようとした結果が、今の三菱東京UFJを作り出したのです。
また、東京三菱銀行とUFJの合併は当時の金融庁が指導したとも言われており、

国としてもなんとか銀行の破綻を防ぎたいという思惑があったのでしょう。

こうした過去を経て三菱東京UFJ銀行は日本だけでなく

世界的に見ても非常に規模の大きい銀行となり、顧客も国内、国外を問わず大企業を多く抱えています。
これは経営方針によるところも大きいのですが今後はさらに

個人の顧客をどうやって拡大させていくか、これが1つのポイントになると思われます。
他のライバル銀行との競争もある中でさらに規模を拡大させていくことができるかどうか、

経営陣の手腕が問われるところでしょう、
アベノミクスによって景気の回復が期待されていますが

三菱東京UFJ銀行では個人投資家に対するサービスも展開し始めています。
これも個人の顧客を獲得するための対策と言え、ATM手数料改定が行われ契約状況によっては手数料優遇がなくなる人も・・・

今後は私達が利用できるサービスがさらに充実していく可能性があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation