ダウンロード

衛星が隅々まで撮影!グーグルアースで発見された驚きの画像とこれからの技術

スポンサードリンク




グーグルアースは、Googleが提供している3D地図ソフトウェアで、

世界中の衛星写真や航空写真などを閲覧できるバーチャル地球儀になり、

自宅にいながら世界旅行気分を味わえるとして人気を集めています。
一般的に忙しい方が自宅にいながら世界旅行気分を味わおうと考えた時に、

現地の風景や写真などを書籍やインターネット上で閲覧する事があります。
ただ現地の雰囲気を味わおうにも、なかなか視覚的に満足できるものではありません。
その一方でグーグルアースを用いた場合は、パソコンの画面上に浮かぶバーチャル地球儀から

目当ての場所に飛び込むような感覚でズームアップされて、現地を様子を見ることができます。
現地の上空を衛星写真や航空写真として閲覧できるのはもとより、

もっとも大きなポイントになるのはストリートビューにより現地の道路を歩いているかのような感覚でパノラマ写真を楽しむ事ができる点です。
この機能を使う事で、まるでご自身がその場に身を置いたような感覚で周囲の景色を楽しむことができます。
また画面上で表示する際に、例えば山や建物などはポリゴンにより立体的に表示され、

閲覧する視点も単に真上からだけではなく横から角度を付けて見ることもできますので、

まるで空を飛ぶ鳥から見ているような感覚で幅広く楽しむ事ができます。

衛星写真というと難しそうですが使い方そのものは

非常に簡単で誰でもすぐに利用が可能です。

まずはグーグルアースのページにアクセスし、

グーグルアースをダウンロードしてインストール、

もしくはプラグインのインストールをしましょう。
それぞれのインストールが終わればグーグルアースを使う準備は完了です。
起動すると地球儀のような画面が表示され、

マウスで視点の移動や拡大・縮小などが可能です。
たとえば日本を探し、画面を拡大していけばどんどん日本のある地点を拡大して

見ることができるのですが最大まで拡大すれば

特定の建物がはっきり見えるくらいまで近寄ることができます。
観光名所や歴史的建造物なども見ることができますのでまるで

旅行をしているような気分に浸れます。

スポンサードリンク




 

地名や建物の名前を入力して検索することもできますので、

目的の場所がどの辺にあるのかわからないという時でも安心です。
グーグルアースの操作はマウスとキーボードで行えるようになっているので

初めて使うという場合でも直感的に操作することができるでしょう。
一見すると複雑な操作が求められそうな印象を受けるかもしれませんが

決してそんなことはなく、誰でも気軽に楽しめるように設計がされているのも特徴の1つです。

グーグルアースは衛星写真を利用しているため

衛星写真の技術が進歩するほど一緒に進歩していくと言えます。
今後に関してはビルなどの建物の内部を表示する機能の追加も目指していると

グーグルのマイケル・ジョーンズCTOはインタビューで答えています。
外観だけでなく内部まで3Dによる映像が見られる、なんとも壮大な計画ですが個人や企業、

自治体がそれぞれで必要なデータを作り上げれば可能なことだと言われていますので

近い将来、グーグルアースで特定の建物の中まで見れてしまう日が来るかもしれません。

【関連記事】

衛星が隅々まで撮影!グーグルアースで発見された驚きの画像とこれからの技術

1

http://loookmatome.com/archives/768

知らない間に中毒に!?グーグルアカウントの使い方・注意事項について

05

http://loookmatome.com/archives/769

グーグルマップの正しい使い方と最新技術に映った衝撃な動かざる事実って、、、、

googlemap_weather04

http://loookmatome.com/archives/258

 

 

おなじみのストリートビュー機能

ストリートビューはグーグルマップでも機能として付いている事からすっかりお馴染みなのですが、

道路沿いの風景をパノラマ写真で閲覧することができる機能を指しています。
世界中の衛星写真や航空写真を上から眺めた場合は、

ご自身の住んでいる地域との位置関係が把握できたり、

また他の有名な国や都市との位置関係について把握できます。
またズームアップすれば目的の都市がどのように形作られているのか地図を見るような感覚で閲覧できますが、

それだけでは世界旅行気分を味わえる訳ではありません。
そうした時にストリートビュー機能を用いると、

その都市の路上にご自身が立っているかのような視点で町並みを

360度を見渡すことができるパノラマ写真が映し出されます。
まさに現地を歩いているかのような感覚で楽しむ事ができるのです。
またこうした機能ではプライバシーの侵害についても指摘されることがありましたので、

現在では撮影されている人物の顔の部分にはぼかしが入り、

また建物の看板や表札などに入る一部の文字についてもぼかしが入ることもあります。

 

あらかじめダウンロードをする必要性がある

グーグルのサービスの中では似たような所でグーグルマップがありますが、

パソコンでマップを閲覧する際にはダウンロードの必要が無いものの、

アースについてはあらかじめダウンロードの上インストールする必要があります。
利用に際してはいくつか確認する事柄があるのですが、サービスを利用する上でのシステム要件としては、

WindowsであればWindows XP・Windows Vista・Windows 7を用いるよう指定されています。
またAppleのMacの場合はMac OS X 10.6.0 以降であること、

またLinuxの場合はLSB 4.0(Linux Standard Base)ライブラリとなりますので、いずれの要件も満たしているか確認しておきましょう。
続いて利用規約について細かく確認しておき、ファイルをダウンロードしましょう。
インストールについてはカスタマイズすることもできますが、

基本的には自動でインストールが行なわれますので、時間を掛けずすぐにサービスを利用する事ができます。

 

またグーグルアースの利用に際しては、パソコンだけでなくスマホでも利用する事ができますので、

PCより画面が小さい点で難点もありますがスマホでもまた利用する事が可能です。
まずAndroid向けアプリはGoogle Play(https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.earth&hl=ja)で提供されており、

バージョン8.0.0がリリースされています。
この新しいバーションでは新機能が追加され、レイアウトやメニューの変更から、

新フォトレイヤの導入やレイヤパネルの簡素化などを始めとして使い勝手が大きく向上しました。
続いてiPhone向けアプリについてはApp Store(https://itunes.apple.com/jp/app/google-earth/id293622097?mt=8)で提供されており、

こちらではバージョン7.1.1がリリースされています。
iPhone向けではルートや検索の改善が実施されてより手軽に検索が行えるようになりました。
なお利用に際して双方共に端末により必要な要件が異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation