@÷“‡‚̏º˜a‰ÎŒû‚Å”š”­“I•¬‰Î‚ª”­¶‚µA‚T‚O‚O‚Oƒ[ƒgƒ‹‚É’B‚µ‚½•¬‰Œ‚P‚W“úŒßŒãAŽ­Ž™“‡ŽsiŽ­Ž™“‡’n•û‹CÛ‘ä’ñ‹Ÿji—¹jy•Ò’z–{•¶’†‚̑̍ق𐮂¦‚Ü‚µ‚½B“à—e‚ɕύX‚Í‚ ‚è‚Ü‚¹‚ñ

火山噴火に関して最悪のシナリオを避けるために私たちが知っておきたい事

日本には火山がたくさんあり、その多くが活火山、

つまり噴火する可能性を持っています。
2015年に入ってから活動が活発になっている火山も多く、

私達は対策のためにも火山に対する十分な知識を持つ必要があると言えるでしょう。

気象庁では火山の活動の度合いによって噴火警戒レベルというものを発表しています。
活火山であることに留意、火口周辺規制、入山規制、

避難準備、避難、の5つの段階に分けられており、後者ほど危険が高くなります。
特に避難準備、避難、の2つ段階に達した場合には特別警報が

発表され周辺住民や観光客の速やかな避難が求められます。
登山で活火山に登ることもありますがこうした時は

常に噴火警戒レベルに注意しなければなりません。

日本には火山噴火予知連絡会によって選ばれた47の火山があり、

これらの火山は気象庁によって24時刊体制で監視が行われています。
それだけ噴火の可能性、噴火した時の被害が大きくなると言え、

これらの火山に登る時や周辺で暮らしている場合はしっかりと対策をする必要があります。
該当する火山はどれなのかをインターネットなどで調べておき、

万が一の時にはすぐに避難ができるよう日頃の準備も大切です。
各地域には災害時の避難所も設置されていますので

どこかを調べておくと共に、防災グッズを揃えたり避難経路を調べておきましょう。

日本では火山の噴火を予知するべくさまざまな対策が

とられていますが現在のところその精度は決して高いと言えません。
これは火山は予知できないという意味でもあります。
いつ噴火するかわからない火山は油断していると

大きな被害をもたらす可能性があるわけです。
気象庁の設定している噴火警戒レベルの意味を知り、

自分自身も対策をすることで急に火山が噴火してしまった時も冷静に行動することができます。
日本は地震が多いため地震対策をする方は多いのですが

火山対策をしている方はそれほど多くないように思えます。
ですが火山も重大な災害の1つですので常に警戒するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中、エアボーカルという…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation