OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぜ浦和レッズのチームカラーは赤なのか?

浦和レッズは埼玉県さいたま市をホームとするプロサッカークラブです。
正式には浦和レッドダイヤモンズになります。
チームカラーはその名のとおりに赤であり、

レッズファンが詰めかけるさいたまスタジアムでは観客席が赤に染まってしまうほどです。

三菱重工業サッカー部が前身となっており、

1991年のJリーグ発足時に加盟していたチームの1つでもあります。
最近ではJリーグに加盟するサッカークラブも増えていることから、

最初に加盟していたクラブをオリジナル10という呼び方をすることもあるそうです。
日本ではサッカー王国は静岡だと思う人も多いのですが、

実は静岡とならぶサッカーどころとして埼玉県は知られています。
日本国内におけるサッカーの3大タイトルである、J1リーグ、

天皇杯、ナビスコカップのすべてを獲得しているクラブの1つです。
ちなみに浦和レッズは観客動員数が群を抜いており、

Jリーグ加盟クラブの中では最多を誇っています。

浦和レッズに所属していた有名な選手としては、

野人と呼ばれた岡野雅行や、小野伸二、田中マルクス闘莉王などがいます。
いずれも日本代表として活躍していた選手なのでご存知の方も多いでしょう。
ちょっとした浦和レッズの記録としては、

Jリーグの発足以降で初めてゴールキーパーが得点を記録したというものがあります。
1996年に行われた横浜フリューゲルス線において、

ペナルティキックを当時のゴールキーパーであった田北雄気が見事ゴールを決めており、

それが初のこととして記録されているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PR広告

ピックアップ記事

  1. xcx
    スポンサーリンク エアギターが話題の中…
  2. xzcczx
    スポンサーリンク 言わすと知れた任天堂が出している「スーパーマリオ…
  3. cxzcxzx
    スポンサーリンク 「もし、ボクが死んだら」犬の遺言につづられた言葉の数々に胸が…
PAGE TOP
mautic is open source marketing automation